NEWS
2019年10月17日 17時29分 JST | 更新 2019年10月18日 09時20分 JST

【速報】ドラフト会議2019、佐々木はロッテ、奥川はヤクルトが交渉権を獲得。佐々木は4球団の競合に

佐々木投手は4球団、奥川投手は3球団、また石川選手が3球団の競合となった。

2019年のプロ野球ドラフト会議が、10月17日午後5時から東京都内で始まった。

注目されていた1位指名は、佐々木朗希投手(大船渡)はロッテが、奥川恭伸投手(星稜)はヤクルトが抽選の末に交渉権を引き当てた。

ほか、石川昴弥選手(東邦)は中日が交渉権を獲得。森下暢仁投手(明治大学)は、広島が単独指名で交渉権を手に入れた。

佐々木投手は4球団、奥川投手は3球団、また石川選手が3球団の競合となった。

ドラフト会議のLIVE解説動画はこちら

時事通信社
左から奥川恭伸投手(星稜)、佐々木朗希投手(大船渡)、森下暢仁投手(明治大)