NEWS
2019年10月30日 12時57分 JST

「天地天命に誓う」「天地神明に誓う」、どっちが正しい? 国語世論調査【クイズ】

まずは、皆さんもチャレンジしてみてください✍️

毎年、思わぬ誤用や新しい言葉の使われ方が話題になる文化庁の「国語に関する世論調査」が10月29日に発表されました

まずは、皆さんもチャレンジしてみてください。

 

いかがでしたか?

調査は、日本人の国語に関する意識や理解の現状を調べるために1995年度から毎年実施しているもの。2018年度版は、2019年2~3月、全国の16歳以上の男女3590人を面接し、1960人(54・6%)から回答を得ました。

「憮然」の意味を正しく理解していたのは28・1%で、56・7%の人が「腹を立てている様子」と考えていました。

「御の字」の正答率も36・6%。「一応、納得できる」という意味だと誤って理解している人は49・9%に上っています。

「砂をかむ」は、本来は「味わいも面白みもない」という意味ですが、こちらも正答率は32・1%。「悔しくてたまらない様子」だという回答が56・9%に達しました。

「天地天命に誓って」「舌の先も乾かぬうち」「論戦を張る」は、いずれも辞書には乗っていない用語です。

「天地神明に誓って」というのは、天と地すべての神々に誓う、という意味ですが、本来は意味をなさない「天地天命」を使う人はすべての世代で5割を超えています。

文化庁
平成30年度「国語に関する世論調査」より

戦で陣形を組んで戦いに備えること「陣を張る」と言います。論理を組み立てて議論を展開することを「論陣を張る」というのも、ここから来ていますが、「論戦を張る」を使う人は44%にのぼりました。

興味深いことに、若い世代ほど本来の意味を理解しているようです。

「論戦を張る」と本来の意味ではない使い方をしているのは、20代以上のすべての世代で4割を超えたのに対し、16〜19歳では27・1%にとどまりました。 

文化庁
平成30年度「国語に関する世論調査」