WORLD
2019年11月03日 12時35分 JST

ワニに襲われた9歳の少女を救った11歳の少女。 ワニの両目を指で……

想像しただけで…🐊

Reuters
ジンバブエのワニ(2014年4月撮影、ジンバブエ・カリバ湖)

アフリカ大陸の南に位置するジンバブエ共和国のシンデレラ村で、11歳の少女の勇敢な行為がワニに襲われた少女の命を救った。

地元メディアによると、事件があったのは2019年10月中旬。小川で泳いでいた9歳のラトヤ・ムワニさんが、「何かに噛まれている!」と叫び声をあげたという。

叫び声を聞いた11歳のレベッカ・ムンコンブウェさんは、ラトヤさんが水中に引きずり込まれそうになっているのを見て、すぐに小川に飛び込んだ。そして、ワニがラトヤさんの太ももを噛んでいることに気づくと、なんとワニにまたがってワニを叩き、両目を指でえぐったという。

ワニはラトヤさんを離し、レベッカさんはラトヤさんを岸まで引き上げた。ラトヤさんは軽傷で、レベッカさんにも怪我はなかった。

レベッカさんは地元メディアの取材に対し、一部始終を次のように語っている。

「私は岸にいた他の7人の子どもたちの中で一番年上だったので、私が彼女を助けなければと思いました。私は水に飛び込んで、彼女が溺れそうになっている場所まで泳ぎました。ラトヤは、何かに噛まれ引っ張っられていると、痛みで叫んでいました」

「私はワニの上に飛び乗り、素手で叩いて、彼女を離すまで指を両目に突き立てました。ラトヤが自由になったので、岸辺まで彼女を連れて泳ぎ、他の子たちが彼女を水から引っ張り上げました。幸運なことに、ワニはラトヤを解放した後、私たちを攻撃してきませんでした」