NEWS
2019年11月05日 15時50分 JST | 更新 2019年11月06日 15時35分 JST

ワールドシリーズ制覇のMLB投手、ホワイトハウス訪問を拒否。「トランプ氏に賛同できないこと多い」

ナショナルズのショーン・ドゥーリトル投手。招待を断った理由は、トランプ氏の過去の言動や態度にあった。

2019年のMLBワールドシリーズで、球団初の世界一に輝いたナショナルズのショーン・ドゥーリトル投手が、トランプ大統領が招待したホワイトハウスへの表敬訪問を断った。CNNなどの海外メディアが、11月5日報じた。

招待を断ったことについて、ショーン投手は「トランプ氏の政策などに賛同できないことが多い」などと理由を明かした。

The Guardian
ナショナルズのショーン・ドゥーリトル投手

AFP通信によると、トランプ大統領は4日、ナショナルズをホワイトハウスに招待した。ワールドシリーズでMVPに輝いたスティーブン・ストラスバーグ投手など、中心選手の多くが参加した。

一方、ショーン・ドゥーリトル投手や内野手のアンソニー・レンドン選手は欠席したという。

「彼がやってきたことをリスペクトできない」

ショーン投手は11月2日、訪問に参加しなかった理由について、米・ワシントンポストのインタビューで以下のように答えた。

チームメートと一緒にホワイトハウスに行ってその体験を分かち合いたい気持ちは十分にあるのだが、それはできない。無理なんだ。

トランプ氏の政策などに賛同できないことが多い。だけど結局のところ、対立を煽る言説や国の分断を煽るような陰謀論を許しているという点なんだ。

大統領の職務を尊重することになるのだから行くべきだと言う人もいましたが、彼がこれまでに遂行した職務や政策について、私には尊重することはできないだろう。

またショーン投手は、2017年8月にバージニア州・シャーロッツビルで開催された白人至上主義者の集会でのトランプ大統領のコメントに言及し、人種差別に関する事柄について、“非常に強く”問題を感じていると語っていた。

The Guardian
ホワイトハウスでナショナルズのワールドシリーズ制覇を祝福するトランプ大統領と喜ぶライアン・ジマーマン選手

トランプ氏の障害者への侮辱を「過去のものには出来ない」

親族にLGBTQや自閉症の人がいることを明かしたショーン投手は、彼らのことを思うと、「(彼らに)背を向けることはしたくない」と述べ、さらにこう続けた。

トランプ大統領は、障害のある記者をあざ笑いました。

障害のある人の話し方や動作をあざ笑ったトランプ大統領と共に楽しい時間を過ごすなんて、彼(自閉症の義理の兄弟)にどのように説明できますか?

私は、あのことを過去のものには出来ないのです。

ショーン投手が引き合いに出したのは、2015年に行われた選挙集会でトランプ大統領が身体障害を持つニューヨークタイムズの記者をあざ笑ったことだった

ABC News公式Youtubeより
2015年、政治集会で障害のある記者のまねをしているトランプ大統領