NEWS
2019年11月09日 12時00分 JST

天皇陛下即位を祝う「国民祭典」で嵐が奉祝曲を歌唱、ネット中継も。時間は?

天皇、皇后両陛下は皇居の二重橋近くから祝福にこたえられ、天皇陛下がおことばを述べられます。

天皇、皇后両陛下の即位パレード「祝賀御列の儀」を翌日に控えた11月9日、「天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」が行われる。午後5時10分からの祝賀式典では、人気グループ「嵐」が奉祝曲を歌い、天皇陛下がおことばを述べられる。

「国民祭典」は2部構成。

午後1時半からの第1部では、「奉祝まつり」として、皇居外苑と内堀通りで奉祝パレード(郷土芸能、音楽隊)や奉祝神輿(みこし)などが行われる。

 

奉祝曲のピアノは辻井伸行さん、歌唱を「嵐」

メインは第2部の「祝賀式典」。会場は東京都千代田区の二重橋前特設舞台と皇居前広場で、午後5時10分から午後6時40まで。

天皇陛下の即位をお祝いする「奉祝曲」は、脚本家の岡田惠和(よしかず)さんが作詞、作曲家の菅野よう子さんが作曲した。ピアノは辻井伸行さん、歌唱を「嵐」が担当する。

天皇皇后両陛下は皇居の二重橋近くから祝福にこたえられ、天皇陛下がおことばを述べられる。

 

どこで見られるの?

入場には事前の申込みが必要で、残念ながら受付は終了している。主催者によると、全国から47万4176人の応募があり、参観できるのは約1万人の狭き門だったという。

式典の様子は、テレビとインターネットでも実況中継される。

NHK総合では午後6時5分〜午後6時45分まで、天皇陛下のお言葉や奉祝曲の演奏が行われる「第二部祝賀式典」を中心に生中継される。

インターネットでは、AbemaTV(AbemaNews)が午後4時半ごろからノーカット生中継する。