WORLD
2019年11月15日 11時53分 JST | 更新 2019年11月15日 21時25分 JST

9歳のローランくん、世界最年少で大学を卒業へ。「目標は、人間の寿命を延ばすこと」

大学を卒業したあとは、休暇を利用して日本を訪れる予定だそうです。

getty
ローランくん(2018年)

あどけない笑顔が印象的なベルギーの少年ローラン・シモンズくん(9)は、 世界的に有名な神童です。

現在はオランダのアイントホーフェン工科大学で電気工学を学んでいますが、12月には学位を取得する見込みです。9歳で大学を卒業すれば、世界で最年少記録を更新することになります。

エンジニア専門メディアによると、ベルギーで生まれたローランくんはIQ1456歳で高校に入学しましたが、高校の授業は“退屈”だったようで、在学中はアムステルダムのアカデミックメディカルセンターで研究プロジェクトも開始しました。

アイントホーフェン工科大学は世界大学ランキングでトップ200に入る大学ですが、ローランくんは2019年3月に入学して以来、わずか9ヶ月でカリキュラムのほとんどを終えてしまいました。見たものを写真のように記憶する能力があり、普通の人なら数ヶ月かかるプログラムも数日で終えることができるそうです。

ローランくんのInstagramより
『僕が初めてデザインしたプリント回路板!やったー、最高!素晴らしい指導者であるバルトゥス教授に感謝します!』

世界最年少での大学卒業を控え、世界中のメディアから取材を受けているローランくん。CNNの取材には「好きな科目は電気工学だけど、医学も少しやります」と答えています。

ベルギーのメディアのインタビューでは、心臓外科医になりたいと語っていますが、単に心臓を治すだけではなく、人工の心臓を開発することに興味があるようです。

「科学者としての僕の目標は、人間の寿命を延ばすことです。僕の祖父母は心臓病の患者で、僕は彼らを助けたいと思っています」

CNNによると、ローランくんの父親は、大学卒業後は電気工学の博士課程と医学の学士課程の取得を計画しているといいます。世界中の大学から入学の打診があるそうですが、どの大学を検討しているかは明らかにされていません。

ローランくんはインスタグラムで日々の様子も投稿しています。愛犬とはしゃいだりディズニーランドを楽しんだり…と少年時代を楽しむ一方、プリント回路板をデザインしたりメディアのインタビューを受けたり…と忙しい様子がうかがえます。

CNNによると、大学を卒業したあとは、休暇を利用して日本を訪れる予定だそうです。 

ローランくんのInstagramより
『仕事中にずっと見られている気分わかりますか?冗談です!先週の金曜日は楽しい撮影とインタビューでした!!ドイツのテレビ局、最高 !!僕がプログラムと立ち上げをしたばかりのプロジェクトをデモンストレーションしました!!本、本、また別の本…を読む合間、たまにプロジェクトを行うのはリフレッシュになります』