表現のこれから
2019年11月21日 12時46分 JST

「殴られたり蹴られたり…」 香港で逮捕、釈放された日本人学生。“自己責任論“に周庭氏は「理解できない」

「なぜ捕まったのかわからない」。男子学生は拘束された際に暴力を受けたと説明しています。

Laurel Chor via Getty Images
男子学生が訪れたデモの現場となっている香港理工大学

警察とデモ隊の衝突が続く香港で、現場となった香港理工大学の周辺で逮捕された日本人の男子学生が11月20日に釈放され、報道各社の取材に当時の様子などを語っている。

釈放されたのは東京農業大学3年の男子学生。17日に九竜地区の香港理工大のデモを見に行った際に逮捕されたという。

TBSの取材に、デモに参加したり石を投げたりしていないと説明し、「なぜ捕まったのかわからない」と語った。当時、学生証や保険証は携帯していたが、パスポートはホテルに置いていたという。逮捕理由について「(警察から)暴動と言われました」と明かした。

またテレビ朝日の取材に対して、拘束された際に暴力を受けたと説明している。

「拘束されたときに殴られたり、蹴られたりとかはされた。背中の方を蹴られたり結束バンドでつなげれられた時なんですけど」

男子学生にけがはなく、体調も問題ないという。

男子学生が通う東京農業大学は、ハフポスト日本版の取材に「本人と連絡が取れていない」と説明し、今後の対応は未定としている。

ネット上では男子学生の行動に批判的な声も上がっており、民主団体の周庭(アグネス・チョウ)さんはTwitterで「香港警察の暴行よりも、被害者である日本人大学生を批判しているのか理解できません」と苦言を呈した。

続く投稿で、批判の矛先は警察や香港政府に向けるべきだと訴えた。

「警察が正当な理由がなく逮捕することも、私刑で殴ることも、不当な行為です。この責任を取るべきなのは、被害者じゃなく警察と政府です」 

香港デモをめぐっては、アメリカ議会上院が香港での人権と民主主義の確立を支援する法案を全会一致で可決。下院も賛成多数で可決した