NEWS
2019年12月02日 11時10分 JST

新井浩文被告、控訴を申し立て 懲役5年の実刑判決

この日、懲役5年の実刑判決が言い渡されていました。

時事通信社
新井浩文被告

派遣型マッサージ店の女性従業員に性的暴行を加えたとして、12月2日に強制性交等の罪で懲役5年の実刑判決を言い渡された新井浩文被告が、即日控訴した。

判決公判では、滝岡俊文裁判長は被告に対し、検察側の求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡していた。

弁護側は性交の事実は認めていたが、「(性交の)合意があったと誤信していた」と主張し、強制性交罪が成立する要件である「暴行」や「脅迫」は用いていないとして、無罪を訴えていた。