NEWS
2019年12月03日 16時04分 JST

松坂大輔投手が埼玉西武ライオンズに復帰 「ライオンズファンの皆さんの前で再び野球が出来る」

松坂大輔投手は横浜高から、1998年秋のドラフト1位で西武に入団した。

松坂大輔が西武に復帰 「14年ぶり、大変うれしい」

 プロ野球西武は3日、今季限りで中日を退団し、自由契約となった松坂大輔投手(39)と契約合意に至ったと発表した。古巣復帰が決まった松坂は「この度、14年ぶりに埼玉西武ライオンズに復帰することになり大変うれしく思います。プロ野球選手としてのスタートであり、育ててもらった所沢、そしてライオンズファンの皆さんの前で再び野球が出来ることをとても楽しみにしています。リーグ3連覇、日本一を目指すチームの力になれるよう努力していきたいと思います」とコメントした。

 松坂は横浜高から、1998年秋のドラフト1位で西武に入団。2006年オフに大リーグ・レッドソックスに移籍するまで入団から3年連続最多勝を獲得するなどエースとして活躍した。

 松坂は今季、中日で2試合に登板し、0勝1敗。10月4日に中日に退団を申し入れ、11月の12球団合同トライアウト終了後に西武が獲得に向けた調査を行うことを明言していた。

(朝日新聞デジタル 2019年12月03日 14時41分)

関連ニュース