NEWS
2020年01月20日 12時58分 JST

「人の目より自分の人生楽しんだ方がお得」 乳がん治療後の温泉入浴、だいたひかるさんが後押し

だいたさんも乳がんで右胸を全摘出。子どもへの影響を心配する読者にもアドバイスした。

だいたひかる公式ブログより

 

 

乳がんで右胸を全摘出したお笑い芸人のだいたひかるさんが、1月19日に更新した公式ブログで治療後の温泉入浴について「人の目より自分の人生楽しんだ方がお得ですよ」とコメント。傷を気にする読者にメッセージを送った。 

「元々お風呂が好き」というだいたさん。脱毛していた頃もタオルを頭に巻き、首からタオルを下げつつ大浴場にも入っていたそう。「思っている程ジロジロ他人は見ないですし、極端な話…悪い事をしていないし…」と、経験を語った。

 読者からは、一緒に入浴する子どもたちへの影響を心配する声もあったそうで、だいたさんは「最初はビックリするかも知れませんが、人間にはこういう事があり得るという事を、早めに知るか遅めに知るかの差だと思いますよ」とアドバイスした。 

さらに「人を傷つけたと、自分を傷つける必要は無い」「あーいう風になりたくないという目をする人は、自分が年をとる事を知らないだけの、無知な人だと私は思っています」と、迷っている人を後押し。

投稿の最後には自身の入浴中を後ろから撮影した写真も投稿した。

 ブログには「戦った時の勲章と思って、これからも気にせず温泉は入りますよー!」「私ももう少し傷口が癒えたら温泉に入り身体温め傷口労りたいと思います」など、乳がん経験者からの前向きなコメントが寄せられている。

 だいたさんは2016年に乳がんと診断され右胸を全摘出。これまでも積極的にブログで乳がんに関する記事を投稿している。1月18日にもコメントを紹介する形で、傷が人目に触れないよう着用したまま温泉に入れる「入浴着」や社会の理解について取り上げた。