NEWS
2020年01月26日 16時37分 JST

今ここ飛んでるよ 飛行機の便名からフライト情報検索 iOSの便利機能

家族や友人を空港まで迎えに行くときに役立つかもしれません。

Engadget Japan

iOSでは飛行機の便名からフライト情報の検索ができることをご存知ですか? 搭乗するターミナルやゲートを確認できるので、空港で迷ってあたふたせずにすみます。

また、おおよその飛行位置が表示されるのも特徴です。「いまこの辺りを飛んでいるんだ」「あと1時間ぐらいかかりそう」などと状況がわかるので、家族や友人を空港まで迎えに行くときに役立つかもしれません。

それでは、手順をご紹介します。

 

Gallery: フライト情報を検索 | 1 of 5 Photos

Photo gallery iphone tips See Gallery

 

便名はリンクとして認識される

フライト情報は、さまざまなアプリから調べられます。たとえば、「メモ」アプリに旅の行程を書き込んでいた場合、航空会社のコードと数字(ABC123というように)は便名として認識され、自動で下線が引かれてリンクに変わります。このリンクをタップしてみましょう。次に「フライトのプレビュー」を選びます。

Engadget Japan
▲「メモ」に書いた便名「AF 275」をタップ(左)。続けて「フライトをプレビュー」を選びます(右)

するとフライト情報が表示されます。出発/到着時刻や搭乗ゲート、かかる飛行時間が確認でき、現在の飛行位置もわかります。

Engadget Japan

▲フライト情報が表示されます。現在のおおまかな飛行位置も確認可能です

 

また、「メッセージ」アプリからでも調べられます。便名の入ったテキストを受信するとリンクとして表示されるので、リンクを長押し(タップでも可)。飛行位置の地図もしくは「フライトをプレビュー」を選択すれば、フライト情報が表示されます。

Engadget Japan

▲便名を長押し(左)。地図か「フライトをプレビュー」のどちらかをタップ(右)

 

便名を検索してもOK

リンクとして表示されなかったときは、便名を範囲選択して検索します。候補一覧から便を選択すると情報の確認が可能です。

Engadget Japan

▲画面は「メール」アプリ。便名を範囲選択し「調べる」をタップ(左)。候補一覧から便を選ぶとフライト情報が表示されます(右)

 

もちろん「Safari」でも検索できます。便名を入力して候補から選択しましょう。すべて試したわけではありませんが、国内の便はもちろん、格安航空会社のフライトも確認できるようです。

Engadget Japan

▲便名を入力。候補から便を選択します(左)。国内外の多くの航空会社に対応している模様です(右)