はじめてのSDGS
2020年01月27日 12時31分 JST

「少なくとも1人の女性取締役を」 ゴールドマンサックスが新規株式公開(IPO)の条件へ

2021年には2人に増やすという。

SOPA Images via Getty Images
携帯に映し出されるゴールドマンサックスのロゴ イメージ写真

アメリカのゴールドマンサックスが1月23日、IPO(新規株式公開)の条件として、少なくとも1人の女性取締役の選出を義務付けることを発表した。

同社CEOのデービッド・ソロモン氏はテレビ局CNBCのインタビューで、取締役の多様性は重要な問題だと話し、7月1日以降、アメリカとヨーロッパにおいて「少なくとも1人の、多様な、特に女性の取締役を置かない企業のIPOは支援しない」と話し、2021年にはそれを2人に増やすと加えた。

またソロモン氏は、過去4年のIPOを振り返ると、女性取締役がいる企業の方が業績が大幅に好調だった、と述べた。

現在11人からなるゴールドマンサックスの取締役には、4人の女性が在籍している。

ソロモン氏はこの決断について、「正しい方向への小さな一歩」と話した。