はじめてのSDGS
2020年02月07日 12時19分 JST | 更新 2020年02月07日 13時07分 JST

より良い社会のために、企業は何ができる? SDGsのヒントになるイベントが開催

サステナブル・ブランド国際会議2020横浜が、2月19日・20日の2日間に渡り開催される。

サステナブルブランド ジャパン
昨年東京で開催されたサステナブル・ブランド国際会議の様子

持続可能な地球・社会の為に、企業は何ができるのか?するべきなのかーー?

年々危機感が増している気候変動問題や、人権や格差などの社会問題。
企業への責任が問われることも多くなってきた。

そんな中、いかにそれらの課題を、企業の「本業」によって解決していくかがキーとなってきている。 

2月19日・20日にパシフィコ横浜で開催されるサステナブル・ブランド国際会議2020では、「グッドライフの実現」をテーマに、国内外から200人以上のスピーカーを迎え、60以上のセッションやプログラムが行われる。

 

食品ロスや気候変動問題 若い世代の発信も

イベントで取り上げられるトピックは、日本でも問題意識が高まっている食品ロスや気候変動、人権の問題などさまざまだ。

スピーカーは資生堂やブリジストンなど大企業のCEOから、自治体、NPOまで幅広い。

気候変動の問題では、10代のグレタ・トゥーンベリさんが運動の象徴的な存在となったり、世界各地で開かれた気候変動マーチに多くの若者が参加したり、若い世代の積極的な発信が印象的だ。

スピーカーの中には中学生や大学生もおり、若い世代の視点や意見を知る機会にもなるだろう。

サステナブルブランド ジャパン
2019年に東京で開催されたサステナブ・ブランド国際会議で講演する米サステナブル・ライフ・メディアCEO、コーアン・スカンジニア氏。彼女は今年も登壇する。

近年耳にする機会が多くなった、「サステナビリティ」や「SDGs」というキーワード。政府の後押しもあり、取り組む企業も増えてきている一方、「何から始めて良いのか」「どう経営に取り込めば良いのか」「どう発信すれば良いのか」と悩む担当者も少なくない。

同イベントでは、持続可能なビジネスや行動につなげる情報が得られるだけでなく、ネットワーキングを通じて、同様のビジョンを共有し、将来パートナーとなり得る企業や自治体、団体などと出会うこともできる。

 

サステナブル・ブランド国際会議は世界中で開催されており、日本でも2017年から毎年行われている。参加者は年々増え、昨年は2000人以上が会場に足を運んだ。

サステナブル・ブランド国際会議2020横浜

日時:2020年2月19日(水)・20日(木)
場所:パシフィコ横浜 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
参加費:有料(事前登録制)
主催:株式会社博展、Sustainable Life Media, Inc.

イベントの詳細はこちらから。