私の壁見えてますか
2020年03月03日 09時00分 JST | 更新 2020年03月03日 14時09分 JST

何でもあり、は不自由?「あえて、制限をもつ」コムアイ流、自由の見つけ方

Netflix配信のドラマシリーズ『FOLLOWERS』でレズビアンのフリーランス画家を演じるアーティストのコムアイさん。“価値が数値化される”SNS時代の自分らしい生き方について、話を聞いた。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan
歌手としてだけでなく、最近では女優業にも力をいれるコムアイ(水曜日のカンパネラ)

蜷川実花監督が手がけるNetflix配信のドラマシリーズ『FOLLOWERS』。中谷美紀、池田エライザを主演におき、東京を舞台に、20代から50代までの多様性に富んだ女性たちの人生をパワフルに描く。

その中で、池田エライザ演じる駆け出しの女優・なつめにひっそりと恋心を抱く女性がいる。なつめの親友で画家のサニーだ。演じるのは、歌手としてその名を馳せながらも最近では女優業にも力をいれるコムアイ(水曜日のカンパネラ)。レズビアンでフリーランスの画家、SNS上のみで作品を公開するサニーは、芸能界で自由に自分らしく活動するコムアイと少し重なる部分がある。

コムアイが考える、SNSとの向き合い方や自分らしい生き方とは。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan

フォロワー数やコメントで傷つくことはあまりない

作中でなつめとサニーの友人・ノリ(ゆうたろう)が放つセリフに印象的なものがある。“価値が数値化される時代”という一節だ。

SNSでのフォロワー数やいいね数に一喜一憂したり、ちょっとした投稿が火種になって炎上したり、揚げ足をとられたり。なつめがインスタグラムでの発信をきっかけに才能が認められるように、SNSはチャンスを得ることができるような便利なツールである一方で、ネガティブな側面も併せ持つ。

コムアイもTwitterやインスタグラムのアカウントを持ち、旅やグルメ、仕事に関することを赴くままに投稿するSNSユーザーの一人。

時にフォロワーからの心無いコメントも見受けられるが、彼女自身、否定的なコメントやフォロワー数で傷つくことはあまりないと話す。

ただ、SNS上での情報量の多さに頭を抱えた時期はあった。本作でも、親友のなつめがSNSの声を気にするあまり他人を寄せつけなくなり、サニーとぶつかり合うシーンがある。 そうした状況を打破するために、最近では“ミュート機能”を活用しているという。必要な情報とそうでない情報を整理し、今の自分が欲するものだけを手にするオリジナル編集を行うことで、SNSを嫌いにならずにすんでいる。

『FOLLOWERS』

自分のやりたいことの追求が互いの価値観の尊重に

作中では、なつめのSNSが炎上し、一気に人気モデルとしての地位から転落するシーンもある。それは現実も同様で、今日もどこかで誰かがバッシングを受けている。どのようにすれば、私たちはお互いの異なる価値観を認め合い、他人の発言や行動を尊重することができるのだろうか。

コムアイは、自分のやりたいことを追求することが解決案の1つだと話す。

「自分の技術を磨くことはコストがかからず、誰の助けもいらないんです。そこに重きを置くと、人はどんな状況でも安心できるんですよね。

誰かと築く幸せももちろんありますが、それは自分一人で何かを育てていく充実感がベースにあってこそだと思います」

これはコムアイが自分と向き合い、努力を重ねたことで自らの成長を実感し、それと引き換えに安心感を得た経験があったからこそ、たどり着いた答えなのかもしれない。ゆっくりと思い返すように言葉を選ぶ彼女を見て、そう感じた。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan

「あえて、制限をもつ」自由がコムアイ流

多くの人が、自由に自分らしく生きたいと願うし、もちろん誰もがそれを手にする権利がある。ただそれは、簡単なように見えて実はとても難しい。

歌手として女優として、本作で演じるサニーのように自由に自分らしく活動しているように見えるコムアイも、実際はそういられず悩むことがあるという。

そんな中、彼女はコムアイ流の“自由のあり方”を発見。それは、「あえて、制限をもつこと」だ。

例えば、即興で音楽をやっていた時には、「すべて自由、何をしてもいい」と言われると、何を作っても最終的には似たものができあがってしまうことが多かった。それは料理でも同じだと彼女は話す。

「自由にやること=オリジナリティに富んだものができあがるわけではないんですよね。最終的には、自分にとってありがちな味にいつも落ち着いてしまうんです。

なんでもやっていいよという自由の中で、本当に自由にやるためには、色々な技術がいるんです。例えば、料理ならレシピに忠実に作ってみることが重要かな」

『FOLLOWERS』

ドラマで描かれる“多様性”と近いところで生きてきた

本作では、パートナーをつくらずに1人で出産し、仕事との両立を決意するリミや、息子ほど年の差のあるトレーナーと恋をするエリコ、結婚・出産願望が一切なく、仕事に生きるあかねなど、世の中の枠にとらわれず自分らしい生き方を選択する女性の姿が描かれる。

コムアイ演じるサニーも同様に自分らしい生き方を望みつつも、想いを寄せるなつめになかなかその気持ちを伝えられない女性だが、「好きな人に対しては献身的」という性格は自分と似ていると語るコムアイ自身、このドラマが表現する“多様性”と近いところで生きてきた。

「クィアなど、様々なセクシュアリティを持つ人が学生のころから近くにいたし、仕事でも出会うけれど、みんな面白く人生を生きています。なので、このドラマで描かれる世界は他の人には特別に見えるかもしれないけど、私にとっては普通だと思いました。現実に対して進みすぎているといった違和感はまったくなかったです」

なつめに対するサニーの視線から彼女の恋愛のあり方、性的指向が想像できるが、ドラマではそれが特別なこととしてではなく、キャラクターたちの様々な恋愛模様のうちの1つとして描かれる。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan

30代は今自分が想像できる範囲を超えていたい

画家になることを夢見てSNSに自分の絵を投稿したり、名刺を作って自分を売り込んだりと、あの手この手で努力するサニー。一方で、歌手や女優といった枠組みにとらわれない独自の世界観が際立つコムアイだが、思い描いていた20代になれているのだろうか。意外にも、その答えはノーだという。

「10代の頃は、20代になると、不自由さから解放され、もっと自由になると思っていたんです。色々なことが自分の力でできるようになって、不便なことなど何もなくなるだろうと。

実際にその一面もあります。高校生の時は、どこかに旅行にいきたいと思っても、お金が追いつかず、『早く大人になりたい!』と思っていました。そうすれば自分のお金ですぐに行けるから。

大人になった今、確かにどこかに行きたいと願えば自分のお金で行くことができるんですが、すぐに答えを見つけてしまうんですよね。近道をしてしまうことにつまらなさを感じてしまうんです」

不自由こそ、自由。お金ですぐに解決できてしまうからこそ回り道をしなくなる。そこに面白さを感じなくなっているコムアイにとって、どんな大人になることが理想なのだろうか。

「今、自分が想像できる範囲を超えていたいですね。30代はそうなってたらいいな」

数年後、彼女はどのように進化しているのだろうか。30代の彼女に話を聞くのが今から楽しみだ。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan

Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』(フォロワーズ)
監督:蜷川実花
出演:中谷美紀 池田エライザ 夏木マリ 板谷由夏 コムアイ 中島美嘉 / 浅野忠信 上杉柊平 金子ノブアキ 眞島秀和 / 笠松将 ゆうたろう
Netflixにて全9話世界190ヵ国へ独占配信中
http://netflix.com/followers
#FOLLOWERSNetflix

(編集:毛谷村真木