新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年03月06日 18時02分 JST | 更新 2020年03月06日 18時38分 JST

厚労省、マスクの優先供給「行った」は“言いすぎた表現”。名指しで指摘したテレ朝『モーニングショー』に担当者が釈明と報道

公式Twitterで番組名を具体的に明かした上で反応していた厚生労働省。テレビ朝日の玉川徹氏は6日の生放送のコメントで謝罪を求めていた。

新型コロナウイルスの感染拡大による「医療機関におけるマスク不足」について取り上げたテレビ番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)は3月6日、厚生労働省が5日に公式Twitterで感染症指定医療機関へのマスクの安定供給を「行った」と発信していたことについて取材したところ、担当者から「言い過ぎた表現」だったと訂正されたことを明らかにした。

テレビ朝日公式サイト
『羽鳥慎一モーニングショー』

同省は5日、公式Twitterで4日に放送された同番組の出演者の発言に反応し、番組名を具体的に明かした上で「マスクの優先供給を行った」と言及していた

しかし、このツイートを受けて同番組が全国の感染症指定医療機関を取材したところ、マスクが実際にすでに届いていたのは北海道のある機関のみで、神奈川県や東海地方の機関には届いていなかったという。

この事実を厚労省の担当者に聞いたところ、5日のTwitterの「マスクの優先供給を行った」という表現については「言い過ぎた表現だった」と認め、「行っている」あるいは「開始した」が正しい表現だったと釈明した

また、同ツイートで「都道府県の備蓄用マスクの活用や日本医師会や日本歯科医師会のルートを活用した優先配布の仕組みをお知らせしています」と発信していたことについて担当者は「訂正したい。そんなことは国会でも言っていない」と回答したという。

発言の意図については、「日本医師会・日本歯科医師会に協力してもらってマスク配布の仕組みを医療関係者に広く知ってもらいたいというつもりで書いた」と改めて説明した。

これについて、コメンテーターを務めるテレビ朝日の玉川徹氏は「『優先供給を行った』というのは、日本語として普通に読めば、“過去形”(の表現)ですから、全部(マスクが)届いているんだと受け取るのが当然で、そういう風に受け取りますよね。日本語として間違っているので、訂正せざるを得ないでしょうね」とコメント。

さらに、「『医師会を通じたルート』という話ですが、そんなルートないんですよ。ないので、あたかもそんなルートがあって活用するという話も訂正してもらわなければならない」と同省からの謝罪を要求。

コメンテーターを務めたエッセイストの吉永みち子さんは、この経緯を受けて、「厚生労働省の名前で出しているツイッターなのだから、責任ある発信をしなければ信用されなくなりますよ。何を信じていいのか分からなくなる」と指摘していた。

同省は6日Twitterで、医療機関に向けたマスクの優先供給について詳細な情報を公表したが、午後5時の時点で厚生労働省から同番組に向けた謝罪はない。