2020
2020年03月24日 20時15分 JST | 更新 2020年03月24日 20時27分 JST

東京オリンピック延期は1年で検討か? 安倍首相、IOCバッハ会長と電話会談

日経、朝日新聞など複数メディアが報じた。NHKは安倍首相が1年程度の延期を提案すると報じた。

BEHROUZ MEHRI via Getty Images
IOCのバッハ会長と安倍首相(2019年7月)

2020年夏に開催が予定されている東京オリンピック・パラリンピックについて、安倍晋三首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談することがわかった。組織委員会が取材に明らかにした。

日経新聞や朝日新聞デジタルなどの複数のメディアは、組織委員会が延期について1年後に絞って検討していると関係者の話として報じた。NHKは安倍首相が1年程度の延期を提案すると報じている。また、IOCの臨時理事会も予定されている。

世界各地では、新型コロナウイルス感染で外出禁止などの措置が取られており、収束の見通しがまだ立っていないことが原因とみられる。

IOCは3月22日、延期検討を発表。それを受けて安倍首相は3月23日、参議院予算委員会で「困難な場合には、延期の判断も行わざるを得ない」と容認する発言をした。

参院予算委員会では、自民党の佐藤正久氏が安倍首相に東京五輪について、「IOCが今後4週間で延期も含めて検討に入ると発表した」と質問。

安倍首相は、「IOCの判断は、私が申し上げた『完全な形での実施』という方針に沿うものであり、仮にそれが困難な場合には、アスリートのみなさんのことを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ないと考えております」と回答していた。

電話会談後、小池百合子東京都知事も記者会見を予定しているという。