新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年03月24日 21時33分 JST | 更新 2020年03月24日 21時48分 JST

東京オリンピック1年延期で一致 安倍首相は記者団に何を話した?(談話・詳報)

安倍首相は何を語ったのか?

今夏に開催を予定していた東京オリンピックについて、安倍晋三首相は3月24日、1年程度の延期をIOCのバッハ会長に電話会談で提案したことを発表した。バッハ会長も「同意する」との答えだったという。

オリンピックは2020年7月24日〜8月9日での開催を予定していた。安倍首相は何を語ったのか?談話を詳報する。


先ほど森(喜朗)会長、小池(百合子)東京都知事同席の元にバッハIOC会長と電話会談を行いました。まず改めて、東京オリンピック・パラリンピックの中止はないということについてバッハ会長と確認をいたしました。

そしてその上で、開催国日本として、東京五輪について、現下の状況を踏まえ、世界のアスリートの皆さんが最高のコンディションでプレーでき、そして観客の皆さんにとって安全で安心な大会とするために、概ね1年程度延期することを軸として検討していただけないか、という提案をいたしました。

バッハ会長から「100パーセント同意する」という答えをいただきました。そして、遅くとも2021年の夏までに東京オリンピック・パラリンピックを開催するということで合意をいたしました。

今後、人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証として、完全な形で東京オリンピック・パラリンピックを開催するために、IOCバッハ会長と緊密に連携をしていくということで一致をしたところであります。

日本は日本として、開催国の責任をしっかり果たしていきたいと思います。

 

ーー1年とした理由と、会場などのめどが立つのか?

まずはですね、現下のこの感染症の広がりの状況をみる中において、これは年内ということは難しいだろうという点に置いて、1年程度と。

その上において、遅くとも2021年の夏までにということで合意をした所であります。

そして、その目標の上においてですね、しっかり会場等の調整をしていくことになると思いますし。この後、IOCの理事会が開催されると思います。