新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年03月30日 21時36分 JST

「緊急事態宣言は国家の判断」小池百合子都知事が記者会見で言及(新型コロナウイルス)

「国ともしっかりと密接に連携しながら、この国難とも言える新型コロナウイルスの感染拡大の防止に努めたい」

時事通信社
小池百合子都知事

東京都の小池百合子知事は3月30日夜に記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言については「最終的には国家としての判断になる」と話した。

「緊急事態宣言の要件に当てはまるか?」との質問に対し、小池知事は「これまでも都としてなすべきことは積み重ねてきたが、一方で爆発的に患者が増加しているのも事実で、『感染爆発の重大局面』という言葉を使って危機意識を共有してきた」と語った。

菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、緊急事態宣言について「ぎりぎり持ちこたえているという状況」との認識が示されていた。

また、その後に行われた日本医師会の記者会見では「感染拡大の状況を見れば、緊急事態宣言をもう出した方がいい」との見解を示していた。

小池知事は「都としては3つの密(密閉、密集、密接)を避けることなど、引き続き感染者の数の拡大抑止をしていく」とし、「今後も感染者数の動向を今後も見極め、国ともしっかりと密接に連携しながら、この国難とも言える新型コロナウイルスの感染拡大の防止に努めたい」と語った。