新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月07日 20時36分 JST | 更新 2020年04月08日 09時33分 JST

中小企業への200万円、個人事業主への100万円、給付の条件は「収入が半減」年末【安倍首相記者会見】

緊急事態宣言に伴い開かれた記者会見の場で、安倍首相が明らかにした。

安倍首相は4月7日、緊急事態宣言の発出に伴って記者会見を開き、中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円を給付する緊急経済対策について「年末までの間に、今までと比べて収入が半減していれば出すという設計になっております」と話した。

時事通信社
安倍首相

安倍首相は冒頭、国民へ不要不急の外出の自粛を呼びかけるなどしたあと、報道陣の質問に答えた。

このなかで、緊急経済対策のうち、中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円を給付するものについて、給付を受けるためには、どのような条件を満たしていれば良いのか質問があった。

安倍首相は「中小企業、個人事業主への200万、100万円給付は、多くの分野において、突然ほとんど収入が7割8割、あるいはゼロに近くなった方がいらっしゃると思います。年末までの間に、今までと比べて収入が半減していれば出すという設計になっております」と説明。

「大きな被害を受けている、大変厳しい状況になっている、あるいは自粛要請になっている分野においては、間違いなくそこには入ってくるのではないかと思っています」と述べた。

「収入の半減」という要件については「1カ月でもどこかがあたれば対象になる」とした。

そのうえで「なるべく簡易に、電子的に申請をして、(給付を)受けられるようにしたいと思っていますし、電子申請が大変という方は、全国の商工会議所などで申請をしていただくことにしたい」と話した。

【UPDATE 2020/04/08 09:00】

タイトルの表現を修正しました。