新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月08日 15時37分 JST

週刊少年ジャンプ、発売延期へ。編集部の社員が発熱、新型コロナ感染疑い

「読者の皆様の心を明るくさせられるような漫画を届けていけるよう努力いたしますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします」とコメント

集英社は4月8日、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」21号の発売を延期することを発表した。

発表によると、「ジャンプ」編集部の40代社員が4月2日に発熱を訴え、それ以来出社を控えている。社員は自宅待機し、PCR検査待ちの状態。集英社では6日から全社で原則在宅勤務の対応をとっているという。

作家と直接接触する業務ではないというが、作家や関係者への感染リスクを控え、20日に予定していた21号の発売を延期することにした。翌週の27日に22号との合併号を発売する。13日に発売される予定だった20号は発売される。

集英社は「読者の皆様の心を明るくさせられるような漫画を届けていけるよう努力いたしますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします」とコメントしている。