新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月22日 18時33分 JST | 更新 2020年04月22日 18時42分 JST

楽天のPCR検査キットに日本医師会がNO。「非常に大きな問題があると危惧」

日本医師会の横倉義武会長も「今回の販売は大きな問題があると強く認識している。同様の事例が起きないよう、厚労省ともしっかり協議して対応しなくてはいけない」と語った。

楽天が法人向けに販売している検査キットの公式サイト

楽天から発売されている新型コロナウイルスのPCR検査キット。

4月20日から法人向けに販売が始まったことを受けて、日本医師会は4月22日の記者会見で「非常に大きな問題があると危惧している」と警戒感を示した。同日午後に開かれた政府の専門家会議でも懸念が表明されたという。

検査キットは、遺伝子検査キットを手掛けるジェネシスヘルスケアが開発。定価は1キットあたり1万4900円(税込)で、最低100キットから購入できる。

本人が採取棒(綿棒)で鼻咽頭から試料を採取する方式で、新型コロナウイルス感染症の症状が出ていない人が対象という。公式サイトには「現在、大変多くのお申込みをいただいており、順次ご対応をさせていただいております」と断り書きが掲載されている。

日本医師会常任理事の釜萢(かまやち)敏氏は、楽天の検査キットについて「検体採取は感染の危険があるので、本人が採取するにしても、周囲に感染が拡大する恐れもある。また、検体採取は正確に行われないと結果が信頼できないものになる。そこがどう担保されるのか」と安全性や正確性を疑問視した。

さらに「仮に検査キットで陽性と出て医療機関に来られた時に、どう扱うかも非常に戸惑う」としたうえで、「この検査を普及させて自分でやってみる、というのはリスクが高いと考えざるを得ません」と述べた。

楽天の公式サイトには「いかなる意味でも診断や医行為を行うものではありません」「本検査は、医療的診断ではありません」と注意書きが掲出されている。

だが、釜萢氏は「企業がこの検査結果をもとに出勤の可否を判断するかもしれない。そうなれば感染がかえって拡大すると懸念している。大きな混乱が引き起こされる可能性がある」と指摘した。

日本医師会の横倉義武会長も「今回の販売は大きな問題があると強く認識している。同様の事例が起きないよう、厚労省ともしっかり協議して対応しなくてはいけない」と語った。

一方、「PCR検査がなかなか受けられないという状況を早く改善していただきたい。医師が必要と認めた場合はすぐに検査できる体制を作っていきたい」と述べ、「その意味では自己判定キットは大きな一石を投じた」との見方も示した。