NEWS
2020年04月30日 11時14分 JST

俳優・志賀廣太郎さん、死去。誤嚥性肺炎のため、71歳

2019年春にドラマ『きのう何食べた?』の出演中に脳梗塞で倒れて以降、復帰に向けてリハビリを続けていたという。

時事通信社Ž–
志賀廣太郎さん=2014年

俳優の志賀廣太郎(しが・こうたろう)さんが4月20日に亡くなっていたことが分かった。所属事務所のレトルが公式サイトで発表した

レトルの発表によると、4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため満71歳で亡くなった。遺族の意向により、葬儀は4月29日に近親者のみで執り行ったという。「お別れの会」などの実施については、新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら開催する予定だとしている。

名脇役で知られる志賀さんは、2019年春にドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)の出演中に、体調不良のため番組を降板していた

 

事務所の発表(全文)

弊社所属俳優 志賀廣太郎に関するご報告

弊社所属俳優の志賀廣太郎が、2020年4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため満71歳で永眠いたしました。

2019年春に脳梗塞で倒れて以降、復帰に向けてリハビリを続けてまいりましたが、かないませんでした。

ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。

ご遺族の意向により、葬儀は4月29日に近親者のみにて執り行われました。誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます。

なお、「お別れの会」等の実施につきましては、新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら、ご遺族や所属劇団の青年団と相談の上開催させていただく予定でおります。決定しましたらご報告させていただきますので今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

有限会社レトル