新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年05月01日 11時45分 JST

トランプ大統領、新型コロナは“武漢の研究所発祥”の証拠を「見た」と明言。詳細は「話せない」

具体的な証拠の中身について尋ねられると「話せない。話すことを許されていない」と回答した

アメリカのトランプ大統領は4月30日に開かれた記者会見で、新型コロナウイルスは中国・武漢市にあるウイルス研究所が発祥であることを示す証拠を「見た」と発言した。

一方で詳細については「話すことを許されていない」と明言を避けた。

EPA=時事
トランプ大統領

トランプ大統領が言及したのは4月30日にホワイトハウスで開かれた記者会見。

新型コロナウイルスについて、武漢市にあるウイルス研究所が由来だと主張したあと、報道陣から「確信を抱かせるような証拠を見たのか」と質問されると、「見た、見た」と繰り返した。

そのうえで、「WHOは恥ずべきだ。中国の広報代理人のようだったからだ」と付け加えた。

しかし、トランプ大統領はそれ以上の詳細については明らかにしなかった。

SKYニュースによると、トランプ大統領は、具体的な証拠の中身について尋ねられると「話せない。話すことを許されていない」と回答したという。

アメリカの国家情報長官室(DNI)はこれまでに、新型コロナウイルスは「人工のものでも遺伝子操作されたものでもない」と“生物兵器説”を否定。一方で、何らかの原因で研究所から漏れ出たという説も視野に調査を続けるとした。