コロナシフト
2020年05月22日 17時32分 JST | 更新 3時間前

小池知事「通勤が普通に戻ってしまうのはもったいない」⇒ネット「ほんとそれ」の声も

東京都の小池百合子知事は5月22日の定例記者会見で、テレビ会議の利便性に触れ、緊急事態宣言解除後に、従前の「働き方」に戻ることを危惧した。

東京都の小池百合子知事は5月22日の定例記者会見で、新型コロナウイルスへの今後の対応をまとめたロードマップを発表した

《関連記事》東京都が休業要請ロードマップを発表。学校は分散登校。カラオケ店やスポーツジム緩和めど立たず【新型コロナ】

HuffPost Japan
ロードマップ 5つのポイント(東京)

小池知事「せっかくこれだけリモートで仕事ができるように」

会見の中で、小池知事は「ポストコロナ」を見据えて、経営者やITの専門家らから意見を聞き、東京の構造改革を検討していくことを明らかにした。有識者らとの意見交換はオンライン中心で行っていくという。

この説明の中で、小池知事は定例記者会見の前に、経済団体とテレビ会議をしたことに触れ、「お互いわざわざ出かけていく必要がない、良し悪しもありますけれども、非常にスムーズにできて、これがある意味新しい日常を既に実現している」と話した。

そして、このように続けた。

「このあと、(緊急事態)宣言が解除されて、また通勤が普通に戻ってしまうというのはもったいないですよ。せっかくこれだけリモートで仕事ができるようになったわけですから、多くの方がこの間に新しい発見もなさった。『いや大変だな』と思った方もいらっしゃるかもしれませんけども、是非ともこのような形で、新しい日常をみんなで作っていく、そしていろんなご提言をいただくための会を作っていく」

 

ネットの反応「もっと言って」

時事通信社
東京都の小池百合子知事=5月15日、東京都庁

この発言に対し、ネット上では「このままテレワークを継続したい」「ほんとそれ。毎日の通勤ラッシュは無駄なんだよね」「いいぞ、通勤元に戻すのよくないってもっと言って」などという声が上がっている。

一方で、「(そうは言っても)元に戻っていくんだろうなあ」といった声も聞かれた。