新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年05月22日 17時29分 JST

学校で「新型コロナ集団感染」が一番懸念される"時間"とは? 現役教師が語った

韓国では5月20日、高校3年生の登校が開始された。

Klaus Vedfelt via Getty Images
学校のイメージ画像

韓国で高校3年生たちの登校が5月20日に再開された。

そんな中、ある現職教師が校内での新型コロナウイルス集団感染が最も懸念される時間として「歯磨きの時間」を挙げた。

京畿道の幸信高等学校で学年部長を務めるチョン・ミョンソプ教師は21日、MBCラジオ「キム・ジョンべの視線集中」に出演し「実は、給食の時間が一番心配だったが、幸い指導がうまくいった。しかし、食事の後が問題だった」と述べた。

食事の後、多くの生徒たちすぐに歯磨きに行く。

そのため、生徒たちがトイレに集中。多くの学生が集まってマスクを外すため、ソーシャルディスタンスを保つことが難しかった。歯磨きをしながら話す生徒もいたが、制止しても手に負えなかったのだという。

チョン教師は「歯磨きは、すべての生徒が行かなくてはならないため、難しい点があります」と、もどかしそうに語った。

彼は、「授業と授業準備はもちろん、放課後の防疫までチェックすべきだ」として、▽生徒達が下校した後、エタノールで机と手すりを拭く▽登校時・お昼前の発熱チェック▽廊下・トイレでのソーシャルディスタンスや給食の監督▽感染が疑わしい学生の伝達や調査などの新型コロナウイルス関連業務をしていると説明した。

ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。