新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年05月25日 18時20分 JST | 更新 2020年05月25日 18時45分 JST

緊急事態宣言の全国解除を安倍首相が表明。「“日本モデル”わずか1カ月半でほぼ収束させることができた」

北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県でも緊急事態宣言を解除。およそ7週間ぶりに全国で解除となった。

時事通信社
安倍首相

安倍晋三首相が5月25日、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県で緊急事態宣言を解除すると発表した。

これにより、4月7日に新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づき初めて緊急事態宣言が発令されてから、およそ7週間ぶりに全面解除となった。

安倍首相は解除の理由を、「全国の新規の感染者は50人を下回り、一時は1万人近くいた入院患者も2000人をきりました。世界的にも極めて厳しく定めた解除基準を全国的にクリアしたと判断しました」と述べた。

さらに、「日本モデル」という言葉を使い、「日本ならではのモデルでわずか1カ月半でほぼ収束させることができた。まさに日本モデルの力を示した」と感染拡大防止の取り組みの効果を強調した。