新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年06月04日 16時55分 JST

常盤貴子さん、鉄道関係者に感謝「感動して泣きそうになった」。乗っていた列車で何が起きた...?

自身のインスタグラムで「感謝」をつづった、その理由とは。

女優の常盤貴子さんが6月4日、自身のインスタグラムを更新し、鉄道関係者に感謝をつづった。

「感動して泣きそうになった」と語る常盤さん。一体何が起きたのか。

時事通信社Ž–
女優の常盤貴子さん

常盤貴子さんはインスタグラムで、「電車で移動中、車掌さん?乗務員さん?が突然『只今から車内の除菌をさせていただきます』とアナウンス。電車の揺れもある中で、一つ一つ…つり革、手すりと、丁寧に除菌。感動して泣きそうになった」と自身が電車に乗った時に目にした光景についてつづった。

新型コロナウイルスの感染予防に向け、乗務員が消毒・除菌する作業にでくわした常盤さん。

続けて、「こんな風に、人が少ない時間には除菌作業をしてくださっていたんだ、と。皆んなが気になるつり革、手すりを。電車っていいね!素敵だね!移動が自由にできるようになったら、電車に乗って、また色々なところに行きたいな、と思った。その日まで、鉄道関係者の皆さんに感謝をしつつ…本当に、ありがとうございます」と鉄道関係者に感謝を示していた。

常盤さんの投稿のコメントには、「医療関係者と同様、感謝したいですよね」「知らず知らずのうちに安心を届けようとしてくれていることに感謝」「日中の消毒、初めて知りました」など多くの声が寄せられていた。