NEWS
2020年06月11日 09時41分 JST

エマ・ワトソンさん「トランスジェンダーの人たちは、彼ら自身がどんな存在か決める」

ハリポタ作者のトランスジェンダーを嫌悪する発言に批判が上がり、ハリー役のダニエル・ラドクリフさんも声明を公表していた。

AFP=時事
俳優のエマ・ワトソンさん

ハリー・ポッターシリーズの原作者J.K.ローリングさんが、トランスジェンダーを嫌悪するような発言をして批判が上がった問題で、映画でハーマイオニー役を演じたエマ・ワトソンさんがTwitterで自身の思いを述べた。

ワトソンさんは、以下のように投稿した。

「トランスジェンダーの人たちは、彼ら自身がどういう存在なのかを決めるものです。そうではないと常に誰かに問い質されたり、指摘されたりすることなく、自分たちの人生を生きるのは当然のことなのです」

「トランスジェンダーのフォロワーの人たちに知っておいてほしいことは、私や世界中のたくさんの人たちが、あなたという存在を見て、尊重し、愛情を示しているということです」

ワトソンさんはツイートの中で、トランスジェンダーの権利を擁護する2つの団体を挙げて、寄付することも表明した。

J.K.ローリングさんは、Twitterで「月経がある人たちにとって、ポスト・コロナをより公平な世界にするために」というタイトルの意見記事を引用。記事では、トランスジェンダー当事者らに配慮するため、あえて「Women(女性)」ではなく「生理がある人」と表記していたが、J.K.ローリングさんはこれを茶化す発言をしたことで、トランスジェンダーに嫌悪的だと批判が上がっていた

これに対して、映画で主演を務めたダニエル・ラドクリフさんが、性的少数者の自殺防止に取り組む支援団体のウェブサイトで自身の見解を発表。「トランスジェンダー女性は、女性です」などと、当事者を支援する立場を示していた。