新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年06月12日 18時43分 JST

小池百合子氏が都知事選に出馬表明。“崖から飛び降りた”4年前と「同じ気持ち」

政党の推薦は受けない。コロナ時代に鑑み、街頭よりもオンラインを活用した選挙戦を行うと表明した。

時事通信社Ž–
小池百合子都知事

東京都の小池百合子知事(67)は6月12日、都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への立候補を表明した。午後6時から開いた記者会見で「再出馬という決意を固めました」と語った。

 「崖から飛び降りる覚悟」と語った4年前の出馬表明と「同じ気持ち」と語った小池氏。今回も政党からの推薦は受けないという。「もう一度新たな気持ちで都民のみなさまと勝ち抜く」として、『東京大改革2.0 東京の未来は都民と決める』をスローガンに掲げた。

また、新型コロナウイルス対策の観点から、「私自身が人の集まる街頭に出ていくのは、『3密』を(避けるよう)言っている私自身がやるのは難しい」として、オンラインを活用した選挙戦を行うと表明。「オンライン選挙のモデルを作ることにチャレンジしていきたい」と語った。

都知事選には、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)や、熊本県前副知事の小野泰輔氏(46)らがすでに出馬を表明している。

 

小池百合子氏とは

小池氏は舛添要一前知事の辞職に伴う2016年の都知事選で、初の女性都知事として当選。新型コロナウイルス対策では、毎日動画やSNSで情報発信するなどして存在感を示してきた。

政治家としてのスタートは、参議院から。テレビ東京のニュース番組「ワールドビジネスサテライト」の初代キャスターなどを経て、参議院議員に当選。その後、衆議院に鞍替えし、これまでに環境相や防衛相、自民党の総務会長などを歴任した。環境相時代には「クール・ビズ」の旗振り役を担った。

「カイロ大卒業」という小池氏の学歴をめぐっては、「詐称疑惑」とする週刊誌報道などもあったが、カイロ大が「1976年10月にカイロ大学文学部社会学科を卒業したことを証明する」との声明を在日本エジプト大使館のフェイスブックで発表している。