WORLD
2020年06月16日 10時50分 JST

崔順実(チェ・スンシル)被告、懲役18年・罰金200億ウォンが確定

朴槿恵(パク・クネ)政権スキャンダルの中心的人物の刑が確定した

時事通信社
ソウルの憲法裁判所に出廷した崔順実被告(韓国・ソウル) 撮影日:2017年01月16日

韓国の前大統領、朴槿恵政権のスキャンダルの中心となった、崔順実(チェ・スンシル)被告(2014年に改名し現在の名前はチェ・スウォン)に懲役18年と罰金200億ウォンの刑が確定した。

大法院(最高裁)2部(主審 アン・チョルサン大法官)は6月11日、職権乱用権利行使妨害などの嫌疑で起訴された崔被告に、懲役18年と罰金200億ウォンを宣告した原審を確定した。

2016年11月に始まった裁判が、約3年7カ月を経て終結した。

崔被告は、朴前大統領や大統領府政策調整首席秘書官を務めていた安鍾範被告と共謀し、全国経済人連合会の会員企業などを相手に、ミール・Kスポーツ財団に774億円を出資させるよう強要したなどの嫌疑で起訴された。

崔被告は一審と二審で懲役20年の宣告を受けていた。

しかし昨年、大法院は二審判断を大部分維持するも、崔被告が受けた嫌疑の中で、サムスングループに英才センター支援を要求したことなどについては強要罪とみなせないなど、一部は無罪として、事件をソウル高裁に差し戻していた。

崔被告は、破棄還送審で懲役18年と罰金200億の宣告を受けた。これに検事側と崔被告側の両方が上告したが、大法院はこの日、上告を棄却し判決を確定した。

崔被告と共に起訴された安前首席は、一審で懲役6年を宣告を受けた後、二審で懲役5年に減刑された。今回、懲役4年と罰金6000万ウォンの刑が確定した。

崔被告は6月8日「特検から言語暴力を受けた」などの内容を含む獄中を出版している。

 

ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。