WOMAN
2020年06月16日 12時32分 JST | 更新 2020年06月16日 13時43分 JST

19歳のBLM活動家女性、失踪から1週間後に遺体で見つかる。性暴力被害をツイートしていた

フロリダ州で、19歳の女性活動家が遺体で発見された。女性は「Black Lives Matter」の抗議活動で注目を集めていた。

Change.orgサイト
サルーさんの死亡事件に対する公正な捜査を求める署名運動も始まっている

フロリダ州で、6月13日、19歳の女性活動家が遺体で発見された。女性は、黒人差別に抗議する「Black Lives Matter」の運動で積極的に発言するなど、注目を集めていた。

TIMEによると、Black Lives Matterの活動家オルワトイン・サルーさん(19)の遺体は、フロリダ州タラハシーの南東部で13日夜、75歳の女性の遺体と同じ場所で発見された。現地警察は、殺人の疑いで49歳の男を逮捕した。もう一人の犠牲者は、高齢者団体のボランティアの女性と判明。現地警察は、2人と容疑者との関係を特定していないという。

サルーさんは6月6日、性暴力の被害をTwitterで告白。6日以降は新たな投稿がなく、行方不明になっていた。サルーさんはツイートの中で、宿泊していた教会に忘れ物を取りに戻る際、「教会まで車で乗せていく」と男から申し出があり、車内で性的暴行を受けたとツイート。男の名前は明かしていなかったが、被害を警察に通報したことを書き込んでいた。

アメリカ・ミネソタ州で黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官に首を圧迫され死亡した事件の後、「Black Lives Matter」の抗議運動が拡大。

ニューヨークタイムズなどによると、サルーさんはタラハシー市での抗議運動に積極的に参加していた。「今まさに、私たちの命が大事です、黒人の命は大事です」。サルーさんの動画はツイッターで拡散。「私たちは、撃たれた兄弟、姉妹たちのため、全ての黒人のために声を上げています」などと発言していた。