NEWS
2020年07月05日 13時35分 JST

「開票率0%なのに当確」はなぜ?元・ 選挙担当記者が明かす「8時当確」のウラ側

出口調査は確かに参考になるが、それが全てではない。「8時当確」への布石はそのずっと前から始まっているのだ。

7月5日の東京都知事選挙は、午後8時までに投票が締め切られる。

知事選に限らず、国政選挙などでもこれは同じ。そして、テレビの選挙速報でおなじみの光景が「午後8時」=投票が締め切られた瞬間の当確速報だ。

まだ誰も開票結果を知らないはずなのに、なぜ当選「確実」と言えるのか?

そのウラ側を、NHKで国政選挙などに度々関わってきた筆者が(言える範囲で)明かそうと思う。

時事通信社
都知事選の投票所を訪れる有権者(東京都新宿区)

■出口調査が全てではない

8時になった瞬間の当選確実報道を、報道用語で「8時当確」「20時当確」などと呼ぶ。よくTwitterなどでは「出口調査の結果をもとに結果を推計している」などの解説が並ぶが、それだけでは不正確だ。

出口調査は確かに参考になるが、それが全てではない。「8時当確」への布石はそのずっと前から始まっているのだ。

■ミスターXを探せ!

選挙担当記者は、選挙の期日が近づいたり、衆議院では“解散風”が吹き始めたりすると、すぐに取材を始める。詳しい内容は伏せておくが、各陣営の体制やスタッフの手厚さ、重点地域...などの細かい情報を調べる。当然、こうした情報はネットには落ちていないことが多いから、足を使った取材が重要だ。

選挙取材で重要なことは、各陣営の選挙戦略を取り仕切っている「ミスターX」を探し当て、情報を得ることだ。選挙対策事務所の偉い人がいつもそう...とは限らない。本当に情報を握っている人物は、政党や陣営によって異なる。

こうした取材を積み重ねることで、大まかな構図が見えてくる。

選挙に“出る側”への取材と同時に、“投票する側”の意識もつかむ必要がある。筆者はよく、地元の人が集まる場所に出向き、選挙の争点や地元の候補者の印象を聞いて回った。選挙関係者だけでなく、一般の雰囲気を掴むことで、選挙区に吹く“風”を読むことができるようになる。

■記者の観察眼が問われる

そして、選挙戦が始まる。出口調査は期日前投票の時点から行うこともある。

期日前と投開票日では、実は傾向に僅かな差がある。記者は、こうしたデータに目を通しながら、担当する陣営や選挙区に“異変”がないか気を配る。例えば、本来A候補が強い地域なのに、B候補との得票が拮抗していれば“あれ、おかしいぞ”となるわけだ。

自身の取材結果と期日前投票のデータがある程度符合し、十分に差が開いていれば「8時当確」も見えてくる。

数字だけでなく、記者の観察眼も重要だ。支持組織を抱える政党の場合、候補者の演説にどれだけ人を動員できているか、聴衆の反応はどの程度か...などをウォッチする。たとえ人が集められていても、候補者そっちのけで退屈そうにスマホをいじっていたり、おしゃべりに興じていたりすることもある。筆者は演説を取材するときは、候補者本人よりもむしろ聴衆の反応を見ていた。

街頭演説のスケジュールは分刻みだが、時には大幅に狂うことも。この場合、選対事務所が十分に機能しているか疑うこともある。

そして、投開票日当日。早朝から出口調査のデータに目を凝らしながら、最終判断に移る。たとえ出口で大きな差がついていても、記者が取材をもとに組み上げた“票読み”と合わなければ当確を見送る可能性だってある。

■8時当確は必要か?

8時当確を見送った場合は、1秒でも早く当確を打つことが大事になる。

地域の体育館など、開票所に足を運んだことがある人は、双眼鏡を目に押し当てて開票作業を凝視する人たちを見たことがあるかもしれない。あれは開票所ごとの得票傾向を見定める作業だ(もちろん、法やルールに違反しているわけではない)。

時事通信社
開票作業はこんな形で進む(2017年の衆院選)

ちなみに、開票所のレイアウトも事前の“取材”が欠かせない。開票所のある地域はどの候補が力を持っているのか、開票作業は双眼鏡で見える範囲で行われるのか、どの時間でどのくらい作業が進むのか...

こうした傾向や、選挙管理委員会の中間発表などをかけあわせ、当確の判断に至る。当選“確実”と言い切るのだから、よほどの確信が持てるまでは“待ち”の一手だ。

ネットでは「8時当確」やいわゆる「当確レース」に異議を唱える声もある。確かに選挙結果は待っていれば各選挙管理委員会が発表してくれる。しかし、選挙は民主主義の根幹。その結果をいち早く国民に伝えることは報道の大事な役割だと思う。

もはや風物詩となった選挙速報の「当確」表示。その裏には、数ヶ月に及ぶ記者たちの地道な積み重ねがある。特に筆者がかつて在籍したNHKでは、NHK速報をもって当選のバンザイに移る陣営も多く、その責任感と無事報道できた達成感は言葉に表せない。記者は“黒子”なので想いを馳せる必要はないと(個人的に)思うが、8時当確のウラ側が伝わってくれれば幸いだ。

この記事で紹介したのは、あくまで選挙取材の“一部”にすぎない。また、NHK独自ではなく、あくまで報道機関一般の手法であり、実際にはさらに複雑な取材や情報をかけあわせ、当確判断に至っていることをことわっておきたい。