NEWS
2020年07月05日 14時04分 JST

ヤンキース田中将大投手、頭部に打球で倒れ込む ⇒ 検査後、「またマウンドに上がれるように頑張ります」とツイート

ヤンキースの田中将大投手が、キャンプで練習中に頭に打球を受け病院へ搬送された。自身の Twitterで状況を報告し、ファンを安堵させた。

AFP=時事
キャンプの練習中に打球を受けた田中将大投手

ヤンキースの田中将大投手が、チームのキャンプで練習中、頭に打球を受けた。田中投手は病院で精密検査を受け、自身の Twitterで現状を報告。ファンを安心させた。

ロイター通信などによると、田中投手は7月4日に再開されたチームのキャンプで実戦形式の練習に登板。チームメートのジャンカルロ・スタントン選手との対戦で、ライナーの打球を頭に受け、マウンド上に倒れ込んだ。田中投手は数分後、トレーナーらに支えられながら退場し、精密検査を受けるために病院に搬送された。

AFP=時事
打球を頭部に受け倒れ込む田中将大投手

田中投手は5日、自身の Twitterを英語と日本語で更新。

「ご心配をおかけしております。

患部に痛みはありますが、それ以外は元気です。

出来るだけ早くまた、マウンドに上がれるように頑張っていきたいと思います」とツイートし、ファンを安堵させた。

NHKニュースによると、田中投手は、新型コロナウイルスの感染拡大のため3月下旬の大リーグの開幕が延期になったことに伴い、日本に一時帰国。4日のキャンプ再開に合わせて再びアメリカに渡っていた。

■野球界から労う声も

チームメートなどから、田中投手の状態を労る声が相次いでいる。

元プロ野球選手で野球評論家の上原浩治さんは Twitterで

「ヤンキース、田中選手😰

無事であることを願ってます。

会話もしてるし、自力で歩いてるって言っても、頭だけに怖いですよね…」とコメントを寄せた。

チームメートのアーロン・ヒックス選手は、祈る絵文字と共に

「🙏🏾すぐに良くなりますように」と書き込んだ。