BREAK THE SILENCE
2020年07月25日 14時56分 JST | 更新 2020年07月27日 11時46分 JST

女性議員、蔑視発言の同僚に痛快な反論。 「娘がいるからと言って…」

アメリカ下院の女性議員が、性差別的な暴言を発したとされる同僚議員を議場で一蹴。その筋の通った痛快な内容に、称賛と共感が広がっている。

ASSOCIATED PRESS
民主党アレクサンドリア・オカシオコルテス議員(左)と、共和党のテッド・ヨーホー議員

アメリカ下院の女性議員が、性差別的な暴言を発したとされる同僚議員に“反撃”するスピーチを議場で披露。今回自身が受けた差別だけでなく、アメリカ社会にはびこる女性蔑視の問題をも鋭く突く演説内容に、反響が広がっている。

 

■「妻と娘がいる」で免罪?

問題となったのは、アメリカ下院の議事堂で7月20日、共和党議員のテッド・ヨーホー氏が民主党議員のアレクサンドリア・オカシオコルテス氏に対して言ったとされる発言。ABCニュースなどによると、「新型コロナウイルスの感染拡大の中、ニューヨーク市では貧困と失業が犯罪の急増を招いている」とするオカシオコルテス氏の見解に対し、ヨーホー氏は「非常に不快だ」「あなたは頭がおかしい」などと非難。オカシオコルテス氏が「失礼です」と返した後、ヨーホー氏がオカシオコルテス氏の背後で女性を蔑視する暴言を浴びせるのを現地メディアが報じた

ヨーホー氏は22日、オカシオコルテス氏への暴言を以下のように否定。

「私は45年前に結婚し、2人の娘がいる。自分の発言については十分に認識している。不快な呼び方は同僚議員(オカシオコルテス氏)に対してしたわけではなく、誤解されたならお詫びしたい」と述べた。

こうしたヨーホー氏の発言に、オカシオコルテス氏は23日、自身のTwitterで「彼は責任を拒否している」と批判。オカシオコルテス氏は同日に議事堂で行ったスピーチで、社会に根深く残る性差別の実態と、ヨーホー氏の釈明の問題点を鋭く指摘した。

 ■根っこに「女性への暴力を容認する文化」

USA Todayは、オカシオコルテス氏のスピーチ全文を掲載。その一部を紹介する。

「ヨーホー議員の言葉が、私を深く傷つけたわけではないことを明確に述べたいと思います。なぜなら私は労働者としてレストランで働いたり、地下鉄に乗ったりしたことがあり、ニューヨークの街を歩いたことがあるから。

この類の(女性を侮辱する)言葉は真新しいものではありません。私がレストランでハラスメントを受けた時には、ヨーホー議員が発した言葉や、同じような言葉を放つ男性に出会いました。ニューヨーク市の地下鉄でも同様の嫌がらせに遭遇しました。これらは新しいことではなく、それこそが問題なのです」

「(発言当時)ヨーホー議員は一人ではなく、他の議員と歩いていました。この問題は一つの事件ではないことがわかります。問題は、責任を問われないことや、女性に対する暴力と暴力的な言葉遣いを容認する文化であり、それらを支える力という全体的な構造にあります」

オカシオコルテス氏は演説で、ヨーホー氏が自身が既婚者で娘がいることを用いて、暴言を釈明した点についても言及。

「私は、女性に侮辱的な言葉を使うことに対して反省しない男性からの謝罪をいつまでも待つつもりはありません。しかし、女性や妻、娘を愚かな行いの言い訳に使うことを、私は問題と考えます」

「彼はメディアの前で、そうした言葉を妻や娘、彼のコミュニティーの女性たちに使うことを許容した。それは到底受け入れられることではなく、私はそのためにこうして立ち上がりました」

「ヨーホー氏は妻と2人の娘がいると述べました。私はヨーホー議員の下の娘さんより2歳年下です。私も誰かの娘です。私が両親の娘であること、そして私は男性からの侮辱を容認するように両親から育てられたわけではないことを両親に示すために、私はここにいるのです」

「娘がいるからと言って、妻がいるからと言って、まともな男性になるわけではないと信じています。尊厳と敬意を持って他人と接することで、人は真っ当な人間になるのです」

 SNSではオカシオコルテス氏の演説の動画が拡散。「思わず拍手を送りたくなるような筋の通った話」「女性蔑視の言葉を許してきた文化は消えるべき」などと称賛や共感の声が広がっている。ハラスメントの加害者から「家族に同年代の娘がいる」ことを理由にハラスメント行為を否認された経験がある当事者からも、スピーチを支持する声が上がっている。