WORLD
2020年07月28日 16時32分 JST | 更新 2020年07月28日 17時00分 JST

「時代錯誤な名称」産婦人科⇨女性医学科に。韓国で与党議員が法改正案を提出

2019年にも4万人の署名が集まっていた。

韓国・青瓦台請願より
「女性医学科」へ名称を変更するよう青瓦台請願にあがった

韓国で「産婦人科」を「女性医学科」に変更する内容の「医療法一部改正案」が発議された。

7月26日、与党「共に民主党」のチェ・へヨン議員が、「産婦人科」を「女性医学科」に変更する医療法一部改正案を国会に提出したと発表した。

チェ議員は、報道資料で「成人未婚女性10人中、8人が産婦人科訪問を嫌がっていることがわかった」と法案提出の背景を伝えた。

2019年11月には名称変更を求める訴えが青瓦台国民請願にあがり、4万人を超える同意を得た。

その内容では、年齢、性交の有無、結婚や出産の有無に関係なく、健康相談や診療が必要になるにもかかわらず、「産婦人科」という時代錯誤な診療科名であるため、女性たちが診療を嫌がるという問題が提起されていた。

チェ・へヨン議員は、「妊娠と出産関連の診療も大事だが、子宮頸がんの予防接種、生理痛、生理不純、膣炎、閉経、感染症の治療などに関わる診療も大切だ」とした。「しかし、出産と婦人が強調された『産婦人科』という名前のために、国民の大多数は、妊娠した人と既婚女性だけのための場と誤認している」と述べた。

そして、「名称を『女性医学科』に変更し、誰でも自由に専門医療機関を受診できる環境を設けることが必要だ」とし、「この法案が迅速に通過できるように、保健当局と議論していく」と明かした。

医学新聞によると、大韓産婦人科理事会(会長 キム・ドンソク)は「産婦人科という名称で女性患者たちはこれまで訪問を嫌がってきた。女性医学科への名称変更でより身近に感じられるのでは」とし、肯定的な意見を述べている。

 

ハフポスト韓国版を翻訳・編集しました。