アートとカルチャー
2020年08月10日 16時28分 JST

「赤福スクイーズ」爆誕。モチモチを再現 「食べたくなる」「あまりにも欲しい」

伊勢名物として知られる「赤福」の“握れる”キーホルダー。すでに完売し、「次回の入荷は、8月下旬頃の予定」だという。

Instagram(akafuku.official)より
「赤福スクイーズ」

伊勢名物として知られる「赤福」の“握れる”キーホルダーが登場し、「あまりにも欲しい」などとネット上で話題になっている。

赤福餅は、餅の上にこし餡をのせた餅菓子で、三重県伊勢市の企業「赤福」が製造・販売している。

8月5日に赤福の公式サイトで新商品として紹介されたのが「赤福スクイーズ」だ。

赤福餅1つの実物大キーホルダーで、赤福の公式Instagramに投稿された動画によると弾力のあるモチモチとした感触で、餅っぽさが再現されている。税込630円。

この商品の発売を知らせたTwitterユーザーの投稿には3万以上ものいいねがつき、ネット上では「最高か!」「あまりにも欲しい」「めっちゃ欲しいけどこれ見てたら赤福食べたくなっちゃうじゃん!!」「いつでも大好きな赤福と一緒…」などと話題になっている。

そんな中、赤福は8月8日、赤福スクイーズが完売したことを発表。「ご好評につき『赤福スクイーズ』は完売いたしました。次回の入荷は、8月下旬頃の予定です」としている。

 

他にも個性的なグッズが

赤福オンラインショップより
赤福お弁当箱

赤福のオンラインショップでは、完売中の「赤福スクイーズ」以外にも、赤福の折箱をイメージしたお弁当箱「赤福お弁当箱」や、赤福の根付など趣向を凝らした商品が多数販売されている。