3分で学ぶ世界
2020年08月29日 16時36分 JST | 更新 2020年08月29日 17時12分 JST

「#WakandaForever(ワカンダフォーエバー)」追悼の声相次ぐ。『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマンさん死去

「ブラックパンサー」の続編にあたる「Black Panther 2」の製作が発表されていました。

Jeff Kravitz via Getty Images
チャドウィック・ボーズマンさん

映画「ブラックパンサー」で主演を務めた俳優、チャドウィック・ボーズマンさんが亡くなり、ネット上で悲しみの声が広がっている。Twitterでは、映画に登場したかけ声「#WakandaForever(ワカンダフォーエバー)」がトレンド入りし、追悼のコメントが相次いだ。

「#WakandaForever(ワカンダフォーエバー)」悼む声

チャドウィック・ボーズマンさんは、2018年に公開されたマーベルの映画「ブラックパンサー」で主演を務め、アフリカの架空の国家「ワカンダ」に戻った若き国王、ティ・チャラを演じた。

ワカンダの戦士たちが胸の前で腕をクロスさせ、王国に忠誠を誓う「ワカンダ」ポーズは、スポーツ選手が真似をするなど話題になった。

Twitterではティ・チャラのかけ声「ワカンダフォーエバー」がトレンド入りし、突然の訃報を悲しむ声が広がっている。

「ブラックパンサー2」製作が決まっていた

アメリカのTwitterでも「#ChadwickForever」や「#RIPBlackPanther」など、ボーズマンさんを悼むハッシュタグがトレンド入りしている。

2019年8月には、「ブラックパンサー」の続編にあたる「Black Panther 2(原題)」の製作がマーベル・スタジオから発表されていた。全米公開は2022年5月としていた。

訃報を受け、マーベルはTwitterでコメントを発表。

「私たちは大変心を痛めており、私たちの思いはチャドウィック・ボーズマンの家族と共にあります。あなたの伝説は永遠に語り継がれます。心よりご冥福をお祈りします」と投稿した。