NEWS
2020年09月04日 10時47分 JST | 更新 2020年09月04日 13時16分 JST

【台風10号】週末の予想進路・暴風域の見通しは?「特別警報級の勢力」で日本に近づく恐れ

気象庁は、台風が接近する地域では4日までに台風への備えを終わらせるよう呼びかけている。

気象庁は9月3日、台風第10号について「特別警報級の勢力」まで発達し、5日から6日にかけて沖縄地方に、6日から7日にかけては奄美地方から九州に接近または上陸するおそれがあると発表した

台風が接近する地域では「記録的な大雨・暴風・高波・高潮となるおそれがあり最大級の警戒が必要」として、4日までに台風への備えを終わらせるよう呼びかけている。

週末にかけて、気になる予想進路はどうなるのか。

気象庁より
台風の予想進路の資料(気象庁)

気象庁の予報資料によると、台風は4日午後3時には「非常に強い」勢力で日本の南の海上を西寄りに進み、5日午後3時には「猛烈な」勢力となって南大東島へと向かっていく。

その後は、勢力を維持したまま6日午後3時には沖縄地方や奄美地方に接近し、同6日から7日にかけては九州に接近または上陸するという予報円となっている。

気象庁は、台風に伴う大雨による河川の増水・氾濫や台風の接近による高潮が発生する可能性があるとして、それぞれの市町村が作成している「洪水ハザードマップ」などを確認した上で避難への備えを行うよう呼びかけている。

また、台風の接近する地域では、暴風により移動できなくなることも考慮し、風が強くなる前に安全なところへ移動して避難するなど早めの安全確保を促している。

気象庁
9月4日午前6時の台風の予想進路図(気象庁)

どの地域が暴風域に入る?気象庁の予想は

気象庁の発表によると、120時間以内に台風の暴風域に入る確率が0.5%以上ある地域は、4日9時現在で、以下の通り。(※今後の台風の進路などの状況によって更新される場合があります。最新の情報を確認するようにしてください。)

福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

広島県、岡山県、島根県、鳥取県、山口県、愛媛県、香川県、高知県、徳島県