NEWS
2020年09月16日 12時09分 JST | 更新 2020年09月16日 12時10分 JST

「ワニ動画」で有名に。平井卓也氏とは?デジタル担当相に内定

初入閣した2018年には、朝日新聞で「作曲もこなす元電通マン」と紹介されている。趣味は音楽で、自ら作詞・作曲した歌を集めてCDを発売したこともあるという。

9月16日に発足する新内閣で、菅義偉総裁の肝いりのデジタル担当相に平井卓也・元科学技術担当大臣が内定した。NHKなどが報じている。

平井氏は衆議院香川1区選出の当選7回で、62歳。非常事態宣言下の5月に行われていた検察庁法改正案の審議中に「ワニ動画」を閲覧していたことで注目を浴びた。

どんな人物なのか。

時事通信社
デジタル担当相に内定した自民党の平井卓也氏=2000年6月18日、東京・永田町 

政治家一家出身の“エリート”

平井氏は、祖父(平井太郎・元郵政大臣)と父(平井卓志・元労働大臣)が参院議員を務めた政治家一家の出身。父・卓志氏は地元四国新聞の社主でもあった。

平井氏は上智大を卒業後、1980年に電通に入社。1987年、29歳の若さで西日本放送の代表取締役社長に就任した。

2000年に初当選すると、2007年の第1次安倍改造内閣で国土交通副大臣に就任。その後、自民党のIT戦略特命委員長、ネットメディア局長、広報本部長などを歴任した。

2018年の第4次安倍改造内閣でIT・科学技術担当大臣として初入閣した際には、朝日新聞(2018年10月3日朝刊)で「作曲もこなす元電通マン」と紹介されている。趣味は音楽で、自ら作詞・作曲した歌を集めてCDを発売したこともあるという。

時事通信社
自民党が開発したスマートフォン用ゲームアプリ「あべぴょん」=2013年7月

ワニ動画は「たまたま出ちゃった」

自民党ネットメディア局長だった2013年の参院選では、公職選挙法改正に伴う「ネット選挙」解禁を意識し、「自民党にもっと親しみを持ってほしい」という狙いで安倍晋三首相(当時)をモチーフとしたキャラクターを高くジャンプさせるゲームアプリ「あべぴょん」を公開した

キャラクターをジャンプさせ、到達した高さによって「新人議員」「青年局長」「大臣」などの称号で結果が示され、“出世”を競う内容だ。

2020年5月には、検察官の定年延長を可能にする検察庁法改正案を審議していた衆院内閣委員会で、野党議員と担当大臣が激しく質疑を交わしている最中に自身で持ち込んだタブレット端末でワニの動画を閲覧していた。巨大なワニの映像が流れるタブレット端末を眺める平井氏の写真とともに、毎日新聞に掲載された。

この際には、ネット上で平井氏が眺めていたとされる「ワニ動画」が特定された。石のようなものをくわえたワニが、ただのしのしと歩くだけの内容で、審議とは無関係だった。

毎日新聞の取材に対して「たまたま(動物の動画が)出ちゃった」と釈明していた。