アートとカルチャー
2020年09月25日 11時16分 JST

YOSHIKIさんがディズニーとコラボ。自身のドキュメンタリーを『Disney+』で配信。9月25日から

約74分のドキュメンタリーでは、YOSHIKIさんがこれまでの人生と音楽への想いについて赤裸々に語っている。そしてディズニーの“あの名曲”の弾き語りも披露する。

Getty Images
X JAPANのYOSHIKIさん(2019年10月撮影)

X JAPANのYOSHIKIさんがディズニーとタッグを組んだ『Disneyマイ・ミュージック・ストーリー - YOSHIKI』が、9月25日に動画配信サービス「Disney+」で配信された

「Disney+」でのみ視聴できるアーティストのオリジナル音楽ドキュメンタリーの第3弾で、YOSHIKIさんがこれまでの人生を語りながら、自身の転機となった楽曲や同ドキュメンタリーのためにディズニーの名曲をアレンジした特別なパフォーマンスを披露する。

『Disney マイミュージックストーリー』は、著名なアーティストが自分自身と楽曲にまつわるストーリーや、ディズニーとの出会いをインタビューと密着映像で届けるオリジナルのドキュメンタリー。

オリジナルのアレンジで披露されるディズニーソングの特別パフォーマンスが見所の1つだ。

YOSHIKIさんのドキュメンタリーはスキマスイッチ、perfumeに続く第3弾として制作された。

映像の中では、東京とロサンゼルスを舞台に、自らの人生と音楽への想いについて赤裸々に語っている。

YOSHIKIが選んだ、ディズニーの名曲は?

数あるディズニー音楽の中から、YOSHIKIさんが自分の人生と重ね最も共感したとして選んだのは『ライオン・キング』の劇中歌「Can You Feel The Love Tonight」。

映像ではこの曲との出会いや想いを語っている。

そしてもう1曲は、社会現象を巻き起こしたディズニー史上最大のヒット作『アナと雪の女王』から「Let It Go」をオリジナルアレンジで披露する。

『Disneyマイ・ミュージック・ストーリー - YOSHIKI』は動画配信サービス「Disney+」で独占配信となる。