私の壁見えてますか
2020年10月12日 14時36分 JST

男子生徒がスカートで登校。何が起こった?制服への抗議運動が、カナダの高校生の間で広がる

彼らが訴えているのは、ジェンダー平等と性的マイノリティの権利についてだ。

Cassandre Bau-Plourdeさんのインスタグラムより
カナダ・ケベック州でスカートを履いて登校した男子生徒たち

カナダ東部のケベック州にある複数の学校で、制服のルールに抗議するために、男子生徒がスカートを履いて登校している。

現地メディアが複数の学生に取材。彼らが訴えているのは、ジェンダー平等と性的マイノリティの権利についてだ。

 

「男子生徒の気が散る」のは女子生徒のせい?

CBCによると、ケベック州ラヴァルの私立高校に通う男子生徒ジュゼッペ・コセンティーノさんは、モントリオールのサウスショアの、スカートを履く男子生徒のSNSの投稿を見て、自分たちのクラスでも、何か行動を起こそうと計画したという。

この高校には、他の学校と同様に「スカートの丈は、最も短くて膝上10センチまで」というルールが存在する。一方で、男子学生が着るショートパンツなどの制服には、このようなルールは存在しない。

コセンティーノさんは、CBCの取材に対し、「多くの教師が女子生徒に対し、『気をつけなさい。スカートが短すぎて、男の子たちの気が散るだろう』と注意しています。しかしそれは、女の子ではなく、男の子の問題のはずです」と回答。性差別的なドレスコードや、女性の身体の過度な性対象化に、異議を唱えている。

コセンティーノさんは友人らと連帯し、クラスの男子生徒15人を説得。校内でスカートを着用した。

この抗議に対し、校長らはすぐ止めようとしたが、生徒と話し合いをした結果、理解を示したという。

発起人の一人であるエリッサ・ファーラさんも、男性教師からスカート丈について注意されたことがある。今回、スカートを履いた男子生徒に対し、「それ(スカートを履くこと)は“ゲイ”がすることだ」という声があったが、「彼らと話をして、抗議の理由を説明すると、肯定的な反応があった」と明かした。

 

性的マイノリティの権利を訴える

この抗議には、ジェンダー平等だけでなく、性的マイノリティの権利について訴えるという意図もあった。

CTV Newsの取材に、発起人の一人でノンバイナリー(性別が女性・男性のどちらか一方には当てはまらないと認識する人)のルカ・ムッソさんは、「家ではスカートを履いていて、学校でもそうしたいのですが、できなかった」とコメント。今回、複数の男子学生がスカートを履いて登校したことで、「安全で快適であると思えた」と答えている。

ルッソさんは、CBCに取材にも「もっと幼い頃から、たくさんの中傷を浴びてきた」と過去の経験を明かしながら、「結局のところ、スカートはただの生地にすぎない。スカートは女性だけのものではない。パンツが男性だけのものでないのと同じです」と話している。

 

ケベック州の高校に広がる、抗議運動

男子生徒がスカートを履いて登校する動きは、ケベック州の複数の学校で起きている。ツイッターやインスタグラムなどのSNSには、多くの写真が投稿され、反響を呼んでいる。 

View this post on Instagram

Un autre petit message. Ce n'est pas parce qu'on a porté la jupe une fois qu'il faut arrêter de la porter. Nous devons tous continuer à se battre pour pouvoir enfin changer le système très mal construit qui s'est ancré dans la mentalité de malheureusement beaucoup de personnes, de générations en générations. Non je ne dis pas qu'il faut la porter à tous les jours mais bien qu'il faut l'inclure dans notre habillement du quotidien, comme toute autre pièce de vêtements (pantalons ou shorts par exemple. Il ne faut pas porter une jupe parce que c'est un "trend" ou encore pour avoir plus d'abonnés. Il y a un message significatif derrière le port de la jupe et il ne faut pas l'oublier. Oui, je parle de l'hypersexualisation de la femme et des injustices sociales présentes dans de nombreux systèmes (en majorité ceux de l'éducation et scolaire). Ce n'est pas aux filles/femmes de se faire éduquer pour ne pas sois-disant "déranger" les garçons/hommes. Les viols sont MAJORITAIREMENT causés par des hommes et donc il faudrait éduquer les hommes à ne tout simplement pas commettre ce genre d'actions. Il faut aussi éduquer tout le monde à être ouvert d'esprit et respecter toutes les personnes tel qu'elles le sont. Tout le monde devrait avoir le droit de choisir la coupe et la forme de leurs habillements. Qu'est-ce que ça change de voir plus de peau, ou encore qu'il y aille des trous dans des vêtements? ABSOLUMENT RIEN. Il faut tout changer et rebattir un code.

A post shared by 🙊Tom Ducret-Hillman🙈 (@hd.mot) on

ハフポスト フランス語版の記事をもとに、編集・加筆しました。