アートとカルチャー
2020年10月16日 11時59分 JST

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』2021年1月23日に公開決定。「待望すぎる」とファン歓喜。特報映像も

早速、内容を考察する人も。新作公開にさきがけ、旧3作を12月に4D上映へ。

HuffPost Japan
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||(本来は右縦線が太字)』の公開日が、2021年1月23日に決定した。10月16日、制作を手掛けるカラーの公式Twitterなどで明かされた。

オリコンニュースなどによると、16日より公開がスタート『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』上映前の予告映像でいち早く公開日を発表したという。

Twitterでは「エヴァンゲリオン劇場版」がトレンド入りし、「ついにきた」「待望すぎる」など歓喜の声があがり、早速、予告編から内容を考察する人々も出てきている。

 

公開日の発表とあわせて、特報映像も公開された。ポスターやチラシも全国の劇場(一部劇場を除く)にて順次、掲出・設置されていくという。

本作は、庵野秀明氏が総監督を務める『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの完結作。2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、2012年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続いての公開で最終章となる。これまでの3作品は12月4日から24日にかけて、全国82館の劇場で4D上映される

当初、2020年6月27日に公開を予定していたが、新型コロナの影響で公開延期となっていた。

<『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ>

総監督:庵野秀明

2007年9月1日公開 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

2009年6月27日公開 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

2012年11月17日公開 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

2021年1月23日公開 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』