NEWS
2020年10月22日 16時54分 JST

東京ディズニーランド・シー、年間パスポートの期間延長はせず払い戻しへ。「購入者に十分な価値を提供できなかった」と担当者

対象者には、残りの有効期間に応じた「払い戻し」を行うとしている。

東京ディズニーリゾートは10月22日、東京ディズニーランドとシーの年間パスポートを所持する人に向けた対応を公式サイトで発表した

対象者には、10月23日から2020年2月29日以降の残りの有効期間に応じた払い戻しを行う。なお、予定していた有効期限の延長は実施しない。

オリエンタルランド提供
東京ディズニーランドにオープンした新エリア内にある美女と野獣の城

払い戻しの対象となるのは、有効期限が2020年2月29日以降の年間パスポートを所持する人だ。

払い戻しの金額は、以下の計算式で算出される。

返金額=
(年間パスポート購入額÷(366日-有効期間に占める使用不可日数)) ×
残存日数(2020年2月29日以降の年パス有効期間 - 2020年2月29日以降の有効期間に占める使用不可日数)

 

※使用不可日数については、こちら

また、2020年2月1日以降に年間パスポートの「更新」を行った人については、更新前のチケットの残存日数に応じた金額が合わせて支払われるという。

運営するオリエンタルランドの担当者は22日、ハフポスト日本版の取材に答えた。

予定していた有効期限の延長ではなく、有効期間に応じた払い戻しを行うことにした理由については「パークの休園期間および再開後につきましても、年間パスポートをお買い上げいただきました来園者(購入者)の方々に本来の十分な価値を提供できなかったことや、このような状況がいつまで続くのか分からないため、払い戻しという決定をさせて頂きました」と説明した。

払い戻しの方法は、オンラインと現地窓口での2つがある。

オンラインで払い戻す場合は、年間パスポートの画像(2MB以内)と振込先の金融機関口座情報のわかるものが必要となり、現地窓口での場合は、年間パスポートと氏名と生年月日が記載されている公的機関発行の本人確認書類(学生証を除く、運転免許証、住民票、旅券、年金手帳等)が必要となる。

現在、東京ディズニーランド・シーの2つのパークでは年間パスポート所持者についても入園は抽選としているが、2020年12月入園分をもって年間パスポート所持者への抽選対応は終了する。

今後の年間パスポートの取扱いについては、2021年3月末までに改めて公式サイトで告知するという。