新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年11月21日 12時22分 JST

「我慢の3連休」都道府県の対応は?新型コロナ対策で呼びかけていること

感染リスクを回避できない往来の自粛を呼びかけたり、会食する場合は少人数、短時間にするよう求めたりしている。

いずれも時事通信社
左から吉村大阪知事、小池東京都知事、鈴木北海道知事

新型コロナの「第3波」が到来する中で迎えた3連休。

日本医師会は「我慢の3連休としてほしい」と、都道府県や国民に注意を呼びかけている。

新規感染者数が増加している都道府県の中には、感染リスクを回避できない往来の自粛を呼びかけたり、会食する場合は少人数、短時間にするよう求めたりしている。

都道府県の対応を、発表や報道を元にまとめた。

東京

3連休を前に、警戒レベルを4段階で最も深刻な「4」(感染が拡大している)に引き上げた。 

小池都知事は11月19日に緊急会見を開き、会食時の注意事項として、5つの「小」を掲げた。

小人数:会食はなるべく小人数で

 

小一時間:あらかじめ短く時間を決めておく

 

小声:大声での会話は控える

 

小皿:料理は小皿にとりわける

 

小まめ:小まめな手洗い、消毒、手洗いをし、会話時にはマスク着用も

高齢者や基礎疾患があるなどリスクの高い人に対しては「会食への参加は避けていただきたい」と求めた。

大阪

「大阪モデル」で示す、5段階の警戒レベルを「黄色信号」の「ステージ2」に引き上げた。

府民に対して、次のように求めている

・「5人以上」「2時間以上」の宴会・飲み会は控えること

 

・重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患のある方等)は、不要不急の外出を控えること

 

・「静かに飲食」、「マスクの徹底」(飲食の際も会話時はマスクを着用)、「換気と保湿」

京都

3段階のモニタリング指標のうち、最も高い特別警戒基準に到達したと発表。府民に対して、次のように求めている

・大人数での大声の会話・歌唱を伴う宴会・飲み会は控えること


・宴会・飲み会の時間は、2時間を目安とすること

「GO TOイート」の利用条件については、家族での食事は除いて、原則「4人以下」に改めた。参加者が5人以上の場合は、仕切りを設けて4人以下のグループに分けるよう求めるという

神奈川

黒岩知事が11月20日、「感染拡大の重大局面」というメッセージ動画を公開

飲食店の支援として、プレミアム付き食事券の販売していた「Go To Eatかながわ」を、11月25日から一時中断すると発表した。

流行状況を4段階で示す警戒レベルについては、患者数が徐々に増加していることを示す現在の「2」を維持するという

北海道

新規感染者が増加している北海道では一足先に、道独自の5段階の警戒ステージを3に引き上げた。札幌市内については、もう1段階上の「ステージ4相当の強い措置」を講じると発表

11月17日〜27日を集中対策期間と定めて、道民や札幌市民に次のように呼びかけている

▽札幌市民へ

感染リスクが回避できない場合、

 

・不要不急の外出を控えてください。

 

・市外との不要不急の往来を控えてください。

 

▽北海道民へ

感染リスクが回避できない場合、

 

・札幌市との不要不急の往来を控えてください。

感染リスクの回避について、飲食の場面では、4人以下で2時間未満、会話の際にはマスクをするよう求めた。

こうした条件をクリアすれば、外出や往来、GO TOキャンペーンも問題ないとしているという

その他にも千葉、埼玉、愛知、兵庫、沖縄などで、Go TOイートの利用を原則4人以下とする人数制限を設ける方針を決めている。