NEWS
2020年11月21日 18時02分 JST | 更新 2020年11月21日 18時32分 JST

ローマ教皇の公式アカ、モデルの女性に「いいね」⇒削除。教皇庁がインスタに調査を求める事態に

教皇の公式アカウントから、露出の多い格好をしたブラジル人モデルの女性の写真に「いいね」していた様子が確認され、騒動となっている。

STR via Getty Images
ローマ教皇の公式インスタアカウント

ローマ・カトリック教会、フランシスコ教皇の「いいね」が騒動に発展している。

公式Instagramアカウントからブラジル人モデルの女性の投稿に「いいね」が押され、ローマ教皇庁がInstagramを巻き込んで調査に当たっている。

カトリックニュースエージェンシー(CNA)などが、事の顛末を報じている。

11月13日、露出の多い格好をしたブラジル人モデルの女性の写真に「いいね」していた様子が確認されたという。正確な時間は分かっていない。

CNAが翌14日に教皇庁に問い合わせた後に、「いいね」が削除。教皇庁がこの件についてコメントを拒んだと、CNAは伝えている。

CNAは、教皇庁の関係者の話として、教皇のアカウントは職員によるチームが運用しており、なぜ「いいね」がついたのか内部調査が実施されていると報じている。

教皇のアカウントは、約750万のフォロワーがいるが、フォローをしているアカウントはない。

ブラジル人モデルの女性も、教皇のアカウントをフォローしていない。

教皇から「いいね」をもらった女性は、「私は天国に行くでしょうね」とTwitterに投稿している。

バチカンの広報担当者は、ガーディアンの取材に「『いいね』が教皇庁側から起きたという可能性を除外できる。Instagram側に説明を求めている」と話している。

またInstagramを運営するFacebook社は、「この件については現在、教皇庁と緊密に連絡を取りながら調査している」とCNNの取材に説明している