WORLD
2020年11月25日 11時28分 JST

ローマ教皇「ウイグル族が迫害」に言及。中国側の回答は...外交部サイトから“削除”

中国外交部公式サイトでは記者と報道官の一問一答が掲載されるが..

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、中国・新疆ウイグル自治区のウイグル族について「迫害されている」などと著書で言及したことが分かった。ロイター通信が24日、報じた。

Franco Origlia via Getty Images
フランシスコ教皇 (Photo by Franco Origlia/Getty Images)

中国外交部の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官はこれに対し「事実ではない」と反論したが、外交部公式サイトからはその部分が消されている。

ロイター通信によると、フランシスコ教皇は著書のなかで「私はよく迫害されている人々のことを考える」として、ミャンマーの少数派のイスラム教徒・ロヒンギャとイラクのクルド民族少数派・ヤジド教徒、そしてウイグル族を挙げた。

ロイターによると、フランシスコ教皇がウイグル族について「迫害されている」と言及したのは初めてだという。

中国外交部の趙立堅報道官はこれに対し「ウイグル族に関する発言は事実ではない。新疆ウイグル自治区は歴史上最も発展している時期にあり、社会は繁栄のうえ安定し、各民族は生存権、発展権を享受し、法によって宗教信仰の自由を保障されている」と反論した。

この発言は現地メディアによって報道されているが、外交部公式サイトでは該当部分が削除されている。公式サイトでは記者と報道官の一問一答が掲載されるが、一部の内容が削除されることがある。