WORLD
2020年11月30日 11時45分 JST

【驚愕】鼻から50年前のコイン⇒6歳の時に入れたまま、忘れてた

ロシアの病院「珍しいケース」。叱られるのを恐れて内緒にしたまま、すっかり忘れてしまったのだという。

いたずらを叱られたくない…

少年のちょっとした隠し事が50年以上も経ってから、大変な騒動を巻き起こした。

息苦しさを訴える男性の鼻から出てきたのは、50年以上も前に自分で詰め込んだコインだった。

手術を担当したロシアの病院が11月25日、Twitterで「珍しいケース」と紹介している。

※動画には手術風景の映像が含まれています。

患者は59歳の男性。

LADbibleによると、6歳の時に、右の鼻の穴にコインを詰め込んだという。厳格な母親に叱られるのを恐れて、そのことを内緒にしたまま、すっかり忘れてしまったのだという。

それから50年以上経って、男性は右の鼻で息ができなくなり、病院を訪れた。

The News Internationalによると、CT検査で鼻を塞ぐ物体が写り、取り除いてみると、古びたコインだったという。

Twitterには、コインにこびりついた黒ずみを落とし、水で洗い流す様子が映っている。コインは金色がかっている。

Mirrorによると、このコインは、ソ連が崩壊した1991年以降は廃止された硬貨だったという。

コインが取り除かれ、男性は再び快適に鼻呼吸できるようになったそうだ。