WORLD
2020年12月01日 16時31分 JST

ゾウの赤ちゃんは2022年生まれ。アメリカの動物園がエコー映像公開(動画)

動物園は「小ちゃな鼻と足?このエコー(超音波)映像は、超かわいい!」と興奮気味にツイートしている。

母親のお腹の中にいるヒトの赤ちゃんの画像を見たことがある人は、多いかもしれない。

では、ゾウの赤ちゃんはどうだろうか?

アメリカ・オクラホマシティ動物園が11月26日、その姿を公開した。

エコー映像には、元気いっぱいに動く赤ちゃんゾウが映っている。鼻を動かしているように見える。妊娠からおよそ8カ月目の姿で、母子ともに健康という。

ツイートは「小ちゃな鼻と足?このエコー(超音波)映像は、超かわいい!」と興奮気味に投稿。

25歳のアジアゾウ、アーシャの子供で、2022年2月に生まれる予定という。

東京ズーネットによると、アジアゾウの妊娠期間は21カ月から22カ月。

映像は、サンクスギビングデー(感謝祭)に合わせて投稿され「動物園のアニマルファミリーからの感謝の気持ちです」とつづっている。

WFLA NEWSによると、動物園は8月、アーシャが妊娠したと発表していた。アーシャはこれまでに、3頭のメスのゾウを生んでいる。