BREAK THE SILENCE
2020年12月15日 16時06分 JST

キム・ギドク監督の追悼を『パラサイト』翻訳家が拒否。性的暴行疑惑を受けて「彼が天才だろうと関係ない」

新型コロナで死亡した韓国の著名な映画監督、キム・ギドク氏。2018年の #MeToo 告発によってその評価は一変した。

ASSOCIATED PRESS
キム・ギドク監督

韓国の著名な映画監督、キム・ギドク氏が12月11日、ラトビア滞在中に新型コロナウイルスによる合併症で息を引き取った。キム監督は、2018年に #MeToo 運動で性暴力の加害者として名指しされていた。

韓国で活動するアメリカ人の映画評論家、ダルシー・パケット氏は映画『パラサイト』(ポン・ジュノ監督)の英語字幕を担当したことでも知られている。彼は、キム監督の追慕に否定的な見解を示した。

12日、パケット氏は、自身のツイッターに「2018年、キム・ギドク監督の性暴行疑惑が取り沙汰されて以降、授業でキム・ギドク監督の映画について教えることをやめた」。「実生活でひどい暴力を行使しているのだとしたら、その人を称えるのは間違っている。彼が天才だろうと関係ない(そして私は彼が天才だったと考えない)」と述べている。

キム・ギドク監督は、2018年のMeToo運動で「監督から性暴行された」という被害者の証言が明らかになり、事実上、韓国国内の映画界から追放されていた。以後、国外で活動を続けていた。

性暴力疑惑は、韓国MBCの報道番組「PD手帳」が、俳優たちの証言を集めて2018年に報じた。キム監督は、暴露した俳優や番組を名誉毀損などの疑いで告訴したが、全てが不起訴処分となった。また、民事訴訟でも俳優とMBCを相手に10億ウォンの損害賠償を請求したが、2020年10月に敗訴している。

 

海外報道でも厳しい評価

ASSOCIATED PRESS
2012年ベネツィア国際映画祭で受賞したキム・ギドク監督

海外の各メディアでも厳しい評価となっている。

まずVARIETYは、死去の知らせと同時に「キム・ギドクの作品は新しい美学を伝達し、世界の主要な映画祭のトロフィーが彼の棚を埋め尽くした。しかし、彼の映画の一部は動物虐待、または極度の人間虐待に関する描写で批判を受けた」とした。

生前、キム監督と一緒に制作予定だったというエストニア映画研究所CEOは、「キム監督はおそらく精神的につらかっただろうが、秋に少し会った時、彼は真のクリエイターだった」とこのメディアに語っている。

AP通信は、2012年のベネツィア国際映画祭最優秀賞など、彼の輝かしい業績に言及しながらも「彼は後に、台本にない性的なシーンを撮影するよう俳優に強要したという嫌疑を受けている」とした。

また、「彼の映画はしばしば批評会の賛辞を受けたが、多くの映画観客、とくに女性は過度な暴力と強姦または去勢の描写により没入を妨げられていた」とし「ベネツィアでの成功からわずか1年で、性暴力疑惑に直面した。さらに、演技の指示をしながら俳優を殴ったかもしれないという事実が認定されたが、誤解があったと否定した」と解説した。

The Guardianは、キム監督に「騒動が多い監督」という表現を使った。また、他の記事では「キム監督の『春夏秋冬そして春』(2003年)は最近の韓国映画の偉大な作品の一つ」とし「『#MeToo』議論に巻き込まれなかったら、もっと有名になっていただろう」と伝えた。

UPI通信は、キム監督の#MeToo事件に言及し「彼の映画では情緒的、肉体的拷問、動物虐待、性関係の場面が含まれており、女性嫌悪者(ミソジニスト)として非難を受けてきた」と伝えた。

フランス24は、「キム監督の映画は男女に対する強姦を特徴とし、多くの観客が分裂させられた」「一部は彼を女性嫌悪者として批判し、他の一部は彼の撮影方法を非難した。彼は、他の映画ではほとんど見ることができない社会的下層階級についての断固たる描写をした」と評した。

ラトビアの媒体DELFI報道によると、キム監督は2年前からロシアなどで活動しており、ラトビア居住を準備していた中で、新型コロナウイルスに感染したという。

 

ハフポスト韓国版から「『パラサイト』翻訳家が追悼拒否」「海外報道でも厳しい評価」を翻訳・編集しました。