ビジネス
2020年12月18日 15時35分 JST

スタートアップバトル2020、207が優勝 「スキマ便」などで物流の変革を目指す

TechCrunch Japanが毎年開催するスタートアップが事業アイデアをピッチで競うスタートアップバトル。2020年は207が優勝した。

TechCrunch Japan

本日、12月14日から5日間に渡って開催してきたスタートアップバトルの最終日を迎えた。経営管理クラウドサービスを提供するログラス、スマホを利用したホテル向けスマートチェックインシステムのクイッキン、与信機能を後付けサービスとして企業に提供するCrezit、所有物を手放さずにファイナンスを受けられる質屋のDXサービスの提供するガレージバンク、物流のラストワンマイルの変革を目指す207、カスタマーサクセス支援ツールを開発するSTANDSの6社がファイナルラウンドに集結し、それぞれ5分間のピッチを披露した。

5名のファイナル審査員による厳正な審査の結果、今年の最優秀賞を手にしたのは207だった。207は、配達員向けに、自動生成の配達マップや荷受人の在宅管理ができる「TODOCUサポーター」を提供。それに加えて、ギグワーカーを活用したラストワンマイル配送サービスの「スキマ便」などを提供するスタートアップだ。2020年8月には、環境エネルギー投資、ベガコーポレーションを引受先とした8000万円の資金調達を実施している

TechCrunch Japanでは、これからスタートアップバトル優勝者となった207の活躍の様子を読者のみなさんにお伝えしていく予定だ。彼らの今後をぜひご期待いただきたい。

TechCrunch Japan
スタートアップバトル2020

本日放送分